20170118_180401_397
【W投稿】あの名優が焼いている!? 東日本橋「江戸政」

 

「あ! 被っちゃってる!」

 

これまでにも多くの応募が届いている”メンバーに行ってほしい酒場“企画。
その依頼の中に、偶然にも『江戸政』という店名が2店舗被っているのを発見し、しかもその酒場同士も割りと近かったので早速”はしご酒”をしてみることにした。

 

ということで、今回ははじめての2店舗”W投稿”!

 

 

 

 

 

1店舗目は東日本橋駅にある『江戸政』のご依頼。

特に紹介文の記載なし

maru9501 さん

 

『行けばすべてわかる』の如く、依頼文には店名と住所に”東日本橋”のみ記載だった為、店名だけを頼りに東日本橋駅へ向かう。

この”情報があまり無い状態”で酒場へ行くのもまた”サカバー心“をくすぐるのである。

 

 

 

 

 

20170118_180121_769

20170118_180134_430

『江戸政』

 

店は隅田川沿いにあり、見た目はずいぶん綺麗な佇まい。
“あら?結構どこにでもある普通の店だろうか?”と、外から暖簾引きをすると結構人が入っていた。そして、よくみると立ち飲みの店だった。

 

 

 

20170118_180531_244

 

「いらっしゃいませ」

 

 

 

“え!? マツケン!?”

 

暖簾を潜ると『松平健』が焼き鳥を焼いていた。

いや、本当は俳優の『松平健』にそっくりなイケメン店主なのだが、似すぎてて一瞬、見惚れるほどである。

 

「こちらの席どうぞ~」

 

20170118_181437_827

 

店主・・・・・・、いや、『マツケン』の横にいる、こちらは”大地真央”似ではない女将が席へと案内してくれる。

 

店内は、店の中央に焼き鳥の焼場があるという珍しい作り。

席に着くなり、女将が声をかけてきた。

 

「”生つくね”なら先に注文貰っときますよ~?」

「え・・・・・・? はい、お願いします」

 

 

はて?

『生つくね』とは・・・・・・?

 

はじめて聞く単語にとまどいつつも、”知ったかぶり”をして注文してみる。ついでに瓶ビールもお願いした。

 

 

 

20170118_180320_809

女将が目の前に瓶ビールを置く。

 

「470円です」

「あ、前金制なんですね?」

「飲み物だけ前金です」

 

飲み物だけ前金なのははじめてだ。慌てて財布を出す。

うーむ、なかなかの”初見殺し”の酒場である。
この店に行きたいと思ってた方は是非、この記事を参考にしていただきたいと今から言っておこう。

 

 

 

ビールを一口飲んで間もなく、例の『生つくね』が届いたのだが・・・・・・。

 

「えっ!? 嘘だろ?」

 

 

 

『生つくね』

 

出てきたのは生ひき肉の団子に甘タレをかけたものだった。

 

(間違って焼く前の物を出したんじゃないよなぁ・・・・・・?)

 

大方、名前からして予想は出来ていたのだが、いくらなんでも”生ひき肉感”が過ぎる・・・・・・。本当にコレはこのまま食べていいものなのだろうか?

 

しばらく困惑していると、マツケンがワサビの入った入れ物を私の目の前にポンと置いた。

 

“コレにワサビ付けて食べろってか!?”

 

マツケン・・・・・・、いや、『八代将軍・徳川吉宗』のまるで”切腹せよ”と言わんばかりの手打ちに、私は意を決し「母上様、お元気で」と心で呟いた後、その生のひき肉を口へ放り込んだ。

 

・・・・・・。

 

 

 

――うまいっ!!

 

ただでさえひき肉は独特の”肉臭ささ”があるので、多少臭うかなと思いきや、全くそんなものはなく新鮮な鶏肉の味が口いっぱいに広がる。さらに、ワサビを合わせることによって、鶏肉の淡白な味にアクセントが生まれる。
味も然ることながら、”絶対にひき肉は生で食べてはいけない”という一種の”背徳感”もあいまって、はじめて体験する味に感動すら覚えた。

 

これは他の料理も試してみたいと、吉宗に焼き物でも注文しようとすると、

 

「はい、お待ちどうさまです」

 

吉宗が焼き物4品を目の前に置いた。

 

あれ?注文してないのに?と思ったのだが、実はこの店、鰻串屋でよくある”勝手にコース料理”のシステムだったのだ。
その為、席に着いた時点で必ず焼き物4品は自動で注文される仕組みになっている。焼き鳥屋でこのシステムもはじめてである。

 

20170118_181105_558

20170118_181643_545

『ネギマ・ハツ・ピーマン肉詰め・半生つくね』

 

『ネギマ』と『ハツ』の串はかなり大ぶり。普通、これだけ大きな肉の焼き鳥だと焼くのに時間がかかり結果、身が硬くなったりパサついたりするのだが、ここのは全くそれが無い。

 

20170118_180952_378

よく見ると、焼いた後に一旦トレイに入れてその上にタオルを掛け”寝かし”をしていた。なるほど、無駄な加熱はせず、余熱で中まで火を入れてるからここまで肉がジューシーに仕上がるのか。

 

『ピーマン肉詰め』や『半生つくね』にしろ、さっき生で食べても美味しかったのに焼いて不味い訳がない。焼かれている部分と生の部分を同時に楽しめる料理達に、しばし舌鼓で時間の経つのを忘れるのであった――。

 

 

 

 

 

ここは随分と”はじめて”を体験させてくれる酒場であった。

 

吉宗・・・・・・、いや、”江戸政・店主”の息もつかせず繰り広げられる『驚き』や『感動』の料理は、まるで彼の”サンバ”でも観ているかの様に心躍らせるものばかりだ。

正直、教えてもらっておいて、”人に教えたくない酒場”のひとつになりそうである。

 

 

 

maru9501 さん、

すばらしい松平健の情報ありがとうございました!

 

続けて小岩にある『江戸政』をどうぞ。

 

 

 

江戸政(えどまさ)

ジャンル: 焼鳥
最寄り駅: 東日本橋
住所: 東京都中央区東日本橋2-21-5
TEL: 03-3851-2948
営業時間: [月~金] 17:00~20:00 [土] 土曜日17:00~18:30
定休日: 日曜・祝日

はてなブックマーク
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
miron-201710
【出身地】
秋田県秋田市
【オススメの酒場】
信濃路(鴬谷)
【お気に入りの酒】
焼酎紅茶割り
【個人SNS】
最近の記事
探す
企画酒場
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
SNS
Instagram
盛ってる酒場ナビ写真集
カリスマジュンヤの酒場deshot!!
酒場でツーショット撮影