storageemulated0SilentCameraSoft1496824162447
大山「丸鶴」東京三大チャーハン その1

 

 

 

 

チャーハンって好きやー

 

 

 

 

中学生の頃

漫画 美味しんぼで

主人公の山岡士郎が

 

鍋から振り上げられた飯が空中で炎の上を通り抜ける

その時 炎に直にあぶられる

それによって 余分な油が飛んで

飯がパラリとなり香ばしくなるんだ

 

女房の事をお嬢さんと呼ぶ

そんな使用人根性で強力な炎を御せるわけないだろう

 

と 

若い中国人の料理人をボロクソに言いながら

チャーハンを作る模様を見た時から

 

チャーハンって奥が深いんやなぁ

 

と 思いチャーハンに興味を持ち始めた

 

 

見よう見まねで作ってみては

台所を汚しまくり母親に激怒されていた

 

高校時代はバイトで稼いだお金で

王将の焼き飯をしょっちゅう食べていた

 

チャーフレ(チャーハンフレンド)と

神戸の南京町でハシゴチャーハンとかもよくやった

 

ラーメン屋でバイトしてた時も

賄いで豪華なオリジナルチャーハンを作っては

店長に激怒されていた

 

初めて入る中華屋では必ずと言っていいほど

チャーハンは注文する

 

酒場でもメニューにチャーハンがあると

気になってしょうがない

 

 

そして

40を超えた今でも

僕にはチャーフレがいるのだが・・・

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496822761472

 

 

 

大山の丸鶴にやってきた

チャーフレが

 

「丸鶴のチャーハンが旨いらしいでっせ」

 

との教えてくれたので

一緒に来てみたのだ

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496822736914

 

 

 

このいかにも

THE街中華

な外観

 

創業50周年という文字とあいまって

おいでおいで

がとまらない

 

 

ワクワクしながら暖簾を押した

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823145363

storageemulated0SilentCameraSoft1496823139598

 

 

 

店内も

THE街中華だ

 

カウンターと

4人掛けのテーブルが3つ

 

奥には宴会場もある

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823253776

 

 

 

土曜日のランチの遊び心に

ニヤニヤしてしまう

 

 

果汁グミとかやったらイヤやなぁ・・・

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823131979

 

 

 

まずはママさんに瓶ビールをお願いした

 

 

このママさんがめちゃめちゃチャーミングだ

 

いつかやろうと思ってる企画

チャーミング女将さん選手権

には 必ずエントリーしてもらおうと心に決めた

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823115483

 

 

 

ビールで喉を掃除したところで

チャーフレを紹介しておきます

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823093463

 

 

 

この男が僕のチャーハンフレンドの

野瀬正人

 

役者業のかたわら

週5でチャーハンを食らっている

チャーハンが主食さんだ

 

いや

チャーハン役者

 

神楽坂の龍朋に初めて行ったのも

野瀬とだった

 

新高円寺のタカノ

江戸川橋の新雅

荻窪の中華徳大

に初めていったのも野瀬とだった

 

 

夢はチャーハンでできた家に住むことらしい

趣味は肉あんかけを自らの頭にかけることらしい

特技はパラパラを踊りながらチャーハンを炒める

パラパラパラパラチャーハン作りらしい

 

 

 

そんな野瀬はチャーシューも好物なので

まずはそれをツマもうということになった

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823300243

 

 

 

出たっ!!

 

こんなん旨いに決まってるやんってビジュアル!!

 

盛り付け担当に

假屋崎省吾でも雇っるんじゃないかという美しさだっ!!

 

 

野瀬は

 

「わー!! 皿に生まれてきたら俺にも盛り付けてもらえたのにー!!」

 

と 意味不明な言動を放っている

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823650804

 

 

 

しかも分厚いっ!!

味も絶品っ!!

 

僕が愛でて愛でてやまない

西宮 ひるね

のチャーシューと同じぐらい

いや それ以上かもしれないぐらい美味しい・・・

 

 

チャーハンへの期待値も増すばかりだ・・・

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496824953107

 

 

 

 

呑み物をレモンサワーに変えて

いよいよチャーハンのメニューを凝視してみる

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496823455313

 

 

 

レタス・・・

美味しいんやろな・・・

 

海老入り・・・

間違いないやろうな・・・

 

とび子??

面白そうやな・・・

 

ここはあえてノーマルのやつか・・・

 

 

と 悩んだ挙句

ここはド直球

チャーシューチャーハンにすることにした

 

 

出てきたのが・・・

 

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496824123669

 

 

 

出たっ!!

 

 

これでもかってチャーシュー!!

見るからに美味しそうなお米達!!

 

またまた最高のビジュアルだ

 

 

 

今年のクリスマスには

 

丸鶴のチャーシューチャーハンの

食品サンプルをお願いします

 

と書いた紙を入れた靴下をぶら下げて寝よう

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496824162447

 

 

 

二人で1人前の注文だが

取り皿に分けるのではなく

順番に皿を持ち上げ口をつけ

レンゲでかっこんだ

 

 

旨いっ!!

 

チャーシューの美味しさは言わずもがな

米が美味しい

 

黒胡椒とチャーシューの煮汁の味なのだろうか

ハッキリとした味の硬めの米たちが旨すぎる

 

そして

噛んでる感が気持ちよすぎる

 

旨い米と旨いチャーシューが咀嚼の度に

全ての歯たちを喜ばせる

 

 

 

口の中がだんじり祭り

 

 

食べる嬉しさも感じるが

どんどん量が減っていってることへの

寂しさまで感じてくる・・・

 

 

 

ひと皿を二人で奪い合うように

平らげてしまった

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496824149701

 

 

 

「これはおかわりしよか」

「レタスいったろか」

「ここはノーマルがええんちゃう」

「っていうか 他のメニューも気になってきたなぁ」

 

などと次の展開を模索している僕らの目の前に

突如ビックリする物体が現れた

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496825705196

 

 

 

わっ!!

凄いチャーシューの塊っ!!

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496825713434

 

 

 

 

「お兄ちゃん達 旨そうに食うねぇ これがウチのチャーシューだよ」

 

 

なんと大将がわざわざ見せに来て下さった

 

 

 

 

「ウチのチャーシューは毎朝6時から仕込んでんだよ」

「煮込まず 長時間スープに弱火で漬け込むんだよ」

「これ食いに北海道や沖縄からもお客さん来るんだぜ」

「ウチのチャーハンは塩は入れねえんだ 全てチャーシューの旨みで味出してんだぜ」

 

 

大将は事細かに作り方の説明をしてくださる

 

 

「そんな 企業秘密なこと喋っちゃっていいんですか?」

 

と聞くと

 

「かまやしねえよ 真似できるもんならやってみろってんだ 俺は10歳の時から鍋振ってんだよ」

 

 

 

 

カッコイイ・・・

 

 

 

 

大将はご実家の3軒隣が中華屋さんだったらしく

10歳からその店を手伝うようになり

二十で丸鶴を立ち上げ

今日に至るまで中華鍋を振られているとのことだ・・・

 

その歴史の積み重ねからくる

自信がカッコよすぎて仕方がない

 

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496826223423

 

 

「これ覗いてみろよ」

 

と 大将が仰るので

焼酎の空き瓶を覗いてみると・・・

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496826269185

 

 

50年前の大将がそこにいた・・・

 

50年の

いや 10歳からだとしたら

60年の物語が

一杯のチャーハンに詰め込まれている

 

 

 

その日は結局おかわりはしなかったが

必ず近々

宿題を片付けさせられるんだろうなと思いながら

丸鶴を後にした

 

 

 

 

 

丸鶴

東京三大チャーハンのひとつにさせて頂きます

 

残り2つは近日中に・・・

 

 

 

 

storageemulated0SilentCameraSoft1496826470248

 

 

 

丸鶴(まるつる)

ジャンル: つけ麺、ラーメン、中華料理
最寄り駅: 大山
住所: 東京都板橋区大山西町2-2
TEL: 03-3955-2209
営業時間: [月・火]ランチのみ11:00~15:00 [水~土]ランチ11:00~15:00、ディナー17:00~22:00
定休日: 日・祝日

はてなブックマーク
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-10-16
【出身地】
兵庫県西宮市
【オススメの酒場】
大林(篠崎)
【お気に入りの酒】
ホッピー
【個人SNS】
最近の記事
探す
企画酒場
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
SNS
Instagram
インスタ映えな酒場写真
カリスマジュンヤの酒場deshot!!
酒場でツーショット撮影