ドヤ食い

20170426_191152341
生ピーマンつくねをドヤ食いする男性

『ドヤ食い』(-ぐい)は、酒場において、食べにくい料理などを容易く堂々と食べること。所謂、『ドヤ顔』の食べるという変種用語。

 

概要

手羽先を一口でスルッと食べたや、巻貝を爪楊枝で上手にクルクルと引き出して食べたり、鯛を食べながら鯛の形をしている骨をさりげなく取り出したりを、人前で自慢げに披露する行為である。

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2017年11月23日 (木) 16:10(UTC)