準備酒(じゅんびざけ)は、酒場入店時に店主の威圧感や先輩の視線などによる『アウェー感』に圧倒した場合、手の平に『』と書いて飲み込む行為のこと。

概要

緊張をほぐすとされる有名な『おまじない』で手の平に『人』という文字を書いて飲み込むという行為があるが、同様に酒場においてさまざまな緊張を緩和させる為、手の平に『』という文字を書いて飲み込む。そうすることで気分が落ち着き、その店に馴染みやすくなる。

種類

アフター

入店後にアウェー感を感じた場合、手の平に『』と書いたものを飲み込み、緊張を緩和する方法。尚、人差し指に注文した酒を少し塗ってから書くとより効果的である。

ビフォアー

初見お断り』や『超地元密着型』などの明らかなアウェーが想定される場合に、缶ビール、缶チューハイなどをあらかじめ飲んでから入店する方法。酒場ナビでこの方法を使用するメンバーは、味論、カリスマジュンヤの二人でイカはほぼこれをすることはない。
この二人に関して目当ての酒場までが遠い場合、移動中に酒を飲む事もあるがこれは単に『早く酒が飲みたい』だけであり準備酒とは関係がない。

前日準備酒

特に楽しみにしている酒場へ行く前日に飲んでおく酒。場合によっては興奮を抑える効果もある。また、大きなイベントや仕事などの前日に飲む場合もこれにあたる。

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年4月19日 (木) 17:00(UTC)