千成(平沼橋)

小柄で寡黙そうな店主と明るく優しそうな女将が迎えてくれる。「とにかく食え」と言わんばかりにテーブルに置かれた大皿に次々と焼き鳥を出される。メニューなど気持ち程度に札が並べられているだけなので、直接メニューを店主に聞いてみたいところだが中々声を掛けづらい雰囲気を醸し出している為、初見は”度胸”と”勢い”が必要。

ただ、タイミングよく店主と話を出来ると口は悪いものの、客へ美味しいものを食べさせたいという情熱がとても強くある方で、帰り際も姿が見えなくなるまで見送りをしてくれるという、客へ対しての慈愛に溢れる素敵な”親父”なのである。

著者:
2016-10-27-23-02-1420161026_190706_79520161026_190649_367

オススメメニュー: お手製薬味類
営業時間: 不明
定休日: 不明

ランキング