下町のチャラ酒(したまちのちゃらざけ)は、梅割りやぶどう割りなど、ストレートの焼酎にシロップなどを入れて吞みやすくした酒の通称。

概要

シロップを配合させるため風味があり飲みやすいが、焼酎をストレートで飲んでいることには変わらず、アルコール度数は20度~25度と高い。『呑みやすいが度数の高いカクテルを女の子に呑ませて酔わせる』という、所謂『チャラい酒』の下町版である。

チャラ酒に関する共通ワードは『一日3杯までのルールは守りましょう!』。

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年4月29日 (日) 10:29(UTC)