先輩

『先輩』(せんぱい、英: Senior)は、大衆酒場などで、自分より年上または常連客であろう人物に対する呼称。主に相手の名前が分からない場合に使用される。

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479809604693
多くの先輩と出会うことのできる天王寺「種よし」

種類

先輩

一般的な呼称。会社や学校で使われるものと異なり、必ずしも自分より年上の相手に使うということではない。特に大衆酒場において、他人との予期せぬ会話などが始まった場合、相手の名前を確認出来ない時に代替の呼び名として使用される。

 

特殊先輩

2010年代に酒場ナビメンバーのイカが提唱したとされ、通常その意味は路上生活者を指す場合が多い。その他に店内で暴れる客や泥酔状態、明らかに浮世離れした人間のこと表現する場合に使用される。何らかの理由により、対象となる人物にフィルターをかけて表現したい場合に使用するが、直接本人に”特殊先輩”と呼んだり、話しかけたりすることはない。

エントリー系

比較的経済力があり、外では酒を飲まず酒場で飲むことが出来るタイプ。また、スーパーやコンビニエンスストアなどで酒、酒のアテなどを購入して、公園などで酒を飲む行為はこれに含まない。

トーク系

外の自販機などで酒を購入し、数名の先輩とグループで話をしながら酒を飲むタイプ。基本的に立ち話であるが、公園のベンチに座ったり、マンションやアパートなどの建物の壁に寄りかかりながらとさまざまである。アウトドアタイプともいう。

ラウンド系

殆ど酒も飲まず、ただ町中を徘徊しているタイプ。時々、立ち止まって一点を見つめて数十分動かなかったり、そのまま道端に寝転がってしまう先輩もいる。一部では『ウォーカー』とも呼ばれる。

スポンサー系

有名企業ロゴがプリントされたシャツなどを着用して酒を飲んでいるタイプ。かなり稀なタイプではあるが、知名度の高いロゴほど、着衣している先輩もより品位が高くみえる効果がある。

若年性特殊先輩系

稀に、金銭的な理由から二十歳台という若い年齢で特殊先輩と呼ばれる場合もある。また、前歯が欠如したした状態となり、その容姿から特殊先輩と呼ばれることもある。

20161219_100832_595
ドヤ街にある『萩之茶屋南公園』で酒を飲む男性
20161219_105219_283
某有名電話会社の商品名ベストを着て酒を飲むスポンサー系特殊先輩
前歯の欠損した若年性特殊先輩の青年
前歯の欠損した若年性特殊先輩の青年


姉さん/お姉様

先輩と定義される人物において、女性だった場合に使用する。女将や店員が女性だった場合によく使用される。

 

おとうちゃん/おかあちゃん

主に関西地方の酒場において、ある程度の常連になることで男性店主を「おとうちゃん」、女将を「おかあちゃん」と呼ぶことが多い。

 

関連項目

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年1月5日 (金) 10:29(UTC)