脚立酒(きゃたつざけ)は、はしご酒が止まらなくなってしまい、結果的に一軒目の店に戻ってきてしまった状態の事。

関連人物

酒場ナビのメンバーであるカリスマジュンヤは、主な生活地域である東京都『幡ヶ谷駅』周辺にて脚立酒を行うことが多い。例としては『太陽食堂』から『浜屋』、そこから『鳥貴族』を経て『太陽食堂』の順である。

『脚立』の由来は、脚立梯子を上り下りする際に一方通行であることから、同じところを『行ったり来たり』することを例えられたとされる。

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年4月28日 (土) 11:31(UTC)