酒場事故(さかばじこ)は、酒場において偶発的または意図的に発言する駄洒落のこと。

概要

当事者が意識してるわけではないが、結果的に駄洒落となってしまう発言がある。これに対して的確な指摘(ツッコミ)をする人物が近くにいれば問題ないが、まったくの無反応だった場合は速やかにその場から退席する必要がある。あえて『狙って』発言する場合もあるが、それは『酒場法 第3条』にあたる『いかなる時も酒場の情緒、または雰囲気を犯してはならない』に違反する恐れがあるので注意が必要である。

事故の例

「この梅干しサワー、うめーな」という事故を起こした中年男性(不起訴)
「この梅干しサワー、うめーな」という事故を起こした中年男性(不起訴処分)

以下は事故の例。

例1:

「これはコロッケにつけるソースですか?」

そーす(そうです)よ」

例2:

「この店のホッピーの『ナカ』の量は多いですね」

なかなか(中々)っすね」

例3:

「おお、この馬刺しって……」

うまい(旨い)ですね」

その他

単純に駄洒落と分類される為、偶発的、意図的に問わず指摘(ツッコミ)をされる場合が多い。前者の場合、『いや、今のはダジャレではない』と否定すればするほど、酒場事故としての規模が拡大するので注意が必要である。

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年4月28日 (土) 10:53(UTC)