ウマロイ

p_20161204_201854
一般客とウマロイを堪能する男性達

『ウマロイ』(うまろい)は、酒場において料理の”旨い”とその場の”おもしろい”を組み合わせた造成語。

 

概要

2010年代に酒場ナビメンバーのイカが、とある酒場で酔っ払った時に呟いた短歌(後記参照)を後に翻訳し、その翻訳の題名として”ウマロイ”と定義されたとしている。翻訳されたというのはその時イカが、所謂”泥酔状態”に陥っていた為その場にいた人物も何を言っているか解らなかったので一種の”解釈”として翻訳と称している。

 

短歌

この言葉の起源となった短歌(著者: イカ)

 

酒場で笑うことは幸せだ

 

大将との会話

女将さんとの会話

他のお客さんとの会話

勿論、酒友との会話

 

オモロイ・・・

 

そこに美味しいオツマミがある

 

ウマイ・・・

 

その幸せを一言で言いたい時放つセリフ

 

「旨いしオモロイし ウマロイなぁー」

 

この言葉を聞けば皆笑顔だ

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2017年11月9日 (木) 14:15(UTC)