美ムカツ(び-)は、形状や色などが美しいハムカツのこと。

概要

2018年4月14日に酒場ナビの味論が公開した記事[1]に初めて使用された言葉。

 

評価

形状

基本的にハムの厚みがある方が評価が高いが、『紙カツ』などの極端に薄いハムも一部評価がある。衣のパターンは、粗い方が評価が高い。

一般的には『こげ茶色』が良いとされるが、『ハムビノ』と呼ばれる動物にもある『アルビノ』の様に色素の持たないハムカツも『美ムカツモデル』(後述)として人気が高い。

切り口

ハムの繊維に沿ってスッパリと切れた切り口が美しいとされる。

 

美ムカツモデル・アイドル

より美しいハムカツは、『美ムカツモデル』(通称: 美ムモ)や『美ムカツアイドル』(通称: 美ムドル)と呼ばれ、一部ファン(通称: カムラー[2])からは熱狂的な支持を得ている。

美ムカツモデル

  • 青砥「あわのす」

脚注

  1. 所沢「百味 所沢プロペ店」酒場ブロガーが合コンしたらこうなった(酒場ナビ)
  2. イカ(ハムカツの個人研究者)
サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年4月14日 (土) 16:09(UTC)