酒場センサー(さかばせんさー、英: Sakaba sensor)は、ネットの情報やクチコミの情報などに頼らず、土地勘のない場所で魅力的な酒場を見つけ出す体内センサーのこと。このセンサーを習得するには、酒場経験と鋭い洞察力が必要である。

概要

センサー感度を上げるために観覧車から探知を試みる中年男性
よりセンサー感度を上げるために観覧車から探知を試みる中年男性

酒場センサーは、先天的に習得していることはなく、一般的には『飲酒』をし始めてからある程度の酒場経験を得てからはじめて習得する。その為、50歳代、60歳代から急激に飲酒をはじめた場合、それに応じて酒場センサーが体内発動する。また、膨大な酒場経験を得ることによって、その酒場センサーの精度は高くなる。

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年5月20日 (日) 09:43(UTC)