ふりかけ呑み(-のみ)は、注文料理以外に卓上にある無料のふりかけで少量ずつ酒を飲むこと。幡ヶ谷の「幡ヶ谷食堂」や下高井戸の「さか本そば店[1]」などで実行可能である。

概要

大衆食堂などの席に備えられている無料の『ふりかけ』を酒のつまみとして呑むというテクニックである。『もう一品欲しいがお金がいない』などの貧乏酒呑みには好まれるアイテムであるが、店側のサービスとして提供しているものなので極端にこれを行うことは避ける。

一般的な方法

20170512_195809107

1. 手の平にゴミ等がないか確認をし、ふりかけの出口を確認する。

20170512_195815113

2. 好みの量を手の平にふりかける。この際、しっかりと手の平に収まるようにし、決して周りに散らばらせたりしない。

20170512_195833513

3. じっくりと手の平のふりかけを干渉し、それをつまみにひと口だけ酒を飲む。あくまで、口をゆすぐ程度に酒を飲む。

20170512_195839422

4. すかさず、ふりかけを吸い込む。ふりかけの風味を逃さないようにする為、吸い込む時間は0.5秒以内で行うのが好ましい。

20170512_195844386

5. 口の中でふりかけの味、食感、香りを楽しみ、酒でふりかけを流す。これを数回繰り返し、同伴者がいる場合、マナーとして「どうぞ」と相手に薦めることを忘れてはいけない。

基本的に、ふりかけ単体は塩分が高い為やり過ぎに注意が必要である

脚注

  1. 酒場ナビスペシャル『酒場人観察記』/イカ(お笑い芸人)(酒場ナビ)
サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年6月24日 (日) 11:23(UTC)