喉を掃除する

20160702_132120_514
喉洗い中の男性(瓶ビール)

『喉を掃除する』(のどをそうじする、英: Nodo wo soujisuru)は、酒場などにて、一杯目の酒を飲む際に用いる表現方法。酒で喉を綺麗にし、リフレッシュした状態で、料理を新鮮に喉へくぐらす為に必要な作法。喉掃除(のどそうじ)という場合もある。

目次

歴史

2000年台初頭、酒場ナビのイカによってこの表現方法が確立。

 

概要

その日はじめて飲む酒に対してではなく、梯子酒などで各店舗それぞれ一杯目の飲酒時に用いられる言葉である。また、飲む酒の種類は決まってないが、主にビールか酎ハイである場合が多い。

 

誤用

物理的に喉がイガイガする、汚れている感じがする場合に酒で流すという意味での使用は認められず、それはうがい薬などで適正な処置をする必要がある。

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2017年11月5日 (日) 17:21(UTC)