おいでおいで(英: come on, come on)は、酒場の前を通る際、外観の美しさ、店の中から漏れる灯りや笑い声、もつ焼きの香りなどに魅了され、後に用事が控えているにも関わらず「一杯だけ……」とついつい入店してしまう一連の行動。

概要

元々は、《大阪下町酒場列伝[1]》(井上理津子: 著)の中に記されており、実際ではあり得ないのだが、酒場全体のさまざまな魅力が通行人に対してあたかも『手招き』をしている様子を表現した『ことば遊び』のひとつである。

関連項目

脚注

  1. 大阪下町酒場列伝
サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年5月31日 (木) 16:05(UTC)