酒ゴング(さけごんぐ、英: Sake gong)は、酒場においてジョッキまたはグラスを互いに打ち付けて音を鳴らすこと。またはそれに関連する儀式。

概要

所謂『乾杯』をする行為であるが、一般的な会社での飲み会等にあたる形式ばった乾杯行為とは違い、親しい友人同士の飲み会やコンパ等、比較的近しい存在仲での乾杯に使用されることが多い。乾杯と同様に、二名以上の複数人の存在が必要であるが、場合によって一人でも心の中で思い浮かべた人物を想像(意中の人物や好きな芸能人など)しながら酒ゴングすることもある。

注意点

稀に複数で酒を飲んだ場合、この酒ゴングを鳴らさないで一人が飲み始めると、注意、憤慨する人間もいる。例えば複数で酒を飲む場合、『乾杯』というプロセスを踏む場合が多いが、そこでよくみられる「お前、乾杯するまえに飲むなよ」という、乾杯を失念すると注意されることと同様に、酒ゴングを失念した場合も速やかに謝罪をして仕切りなおす必要がある。

酒ゴング前の男性の表情
酒ゴング前の男性の表情
酒ゴング中の青年を下から撮影
酒ゴング中の青年を下から撮影
酒ゴングの酒を選ぶ青年
酒ゴングの酒を選ぶ青年
缶ビールでの咲けゴング
缶ビールでの酒ゴング


その他のゴング

胸ゴングをする男性(左・チャンス大城、右・カリスマジュンヤ)
胸ゴングをする男性(左・チャンス大城、右・カリスマジュンヤ

肉ゴング

つまみなどの肉でゴングを鳴らすこと。普段は行われることはないが、稀に高価な肉などを食べる際に、高揚感から行うことがある。

胸ゴング

酒に酔った状態において、所謂『気合い入れ』の為に上半身裸状態でお互いの胸をチョップすること。行為中には平気であるものの、翌日以降に胸が腫上がることがある。

関連項目

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年4月19日 (木) 16:46(UTC)