クロス飲み(-のみ)は、初めて酒を共にする相手と『友情の証』として、互いの腕と腕をクロスしながら酒を飲む行為。

概要

酒場ナビの企画のひとつである『読者飲み』から慣例化する。互いの腕と腕を絡ませ、その状態でジョッキまたはグラスを持ちそのままの状態で飲む。老若男女のどの組み合わせでも行うことが出来る。

関連項目

サカペディアの新規登録、編集をご希望の方はこちらからご依頼してください
最終更新 2018年4月19日 (木) 17:00(UTC)