[漫画家]廣瀬瞳(ひろせ・ひとみ)
貴族の家柄に双子として産まれた廣瀬瞳は、不吉だということで双子の妹とは別に、鉄火面をかぶせられ地下牢に隠され育つ。年頃になった瞳は、落ちていた鋭利な刃物をふいに手に取り、何かに取りつかれたように地下牢の壁に100体の仏像を描く。そのときであった。天から、ベレー帽に鼻眼鏡の漫画の神様が現れ「瞳よ…君はいずれ漫画と酒に生きるであろう…アッチョンブリケ」と言って消えて行ったのであった…。
探す
最新の検索ワード
三大酒場シリーズ
企画酒場
ランキング
SNS