朝活

最終更新日時:2017年2月03日 10時38分
o0720096013799890778
早朝より酒場めぐりをする青年

朝活(あさかつ、英: Asa Katsu

早朝から営業中の酒場を探し、飲み歩くこと。またはそれに該当する酒場を調査・情報収集をすること。

 

■定義

朝活の対象となる早朝とは、およそ6:00から10:00までの時間帯を指す。大阪などを覗く地方都市は、比較的に営業している店舗が極端に少なく、この活動をする事が困難な場合が多いが、入店する事のみがこの定義に当てはまるのではなく、営業はしていなくても事前に自分の行きたい店舗を早朝からチェックする行為も朝活として認められる。
ごく稀に、早朝営業している立ち飲み店などで一杯飲んでから出社するという活動家も存在するが、これも”朝活”に該当する。

 

■注意点

実施に当たり、以下の項目に注意する必要がある。これらを怠った場合、社会的責任を負わなければならいない場合もある。

・出社前の朝活

通勤、通学前に飲酒することによって、それが判明した場合に懲戒処分や停学などの処置を受ける場合がある。

・泥酔を避ける

o0720096013799895533一般的な常識の見解から、朝の9時、10時などの早い時間から店内で泥酔することは、個人の不名誉となるばかりか、ゆっくりと酒を楽しみたい他の客にも迷惑がかかるためこれを避けるべきである。(写真は過度な朝活を実施してしまった為に寝入ってしまった青年。のちに職務質問される)


■朝活の可能な店舗

・南千住「きぬ川

・西成「マルフク

 

■著名な活動家

カリスマジュンヤ(酒場ナビ)

 

■関連

朝活朝昼酒場