20160709_201249_516
それはこの表現に限る。 阿佐ヶ谷「鳥久」

P_20160709_203527_NT

20160709_195450_490

20160709_195508_773

20160709_195818_346

20160709_201026_215

20160709_201526_403

20160709_200439_857

20160709_201249_516

P_20160709_194728

 

 

よく、

グルメ番組で食べた後の感想を「甘い」だの「ふわトロ~」などと表現するが、
私はそれが嫌いである。

なんか、気持ちが悪い。
若い女タレントが言うならまだしも、オッサンが「ふわっふわっのトロットロォ~」って
よく言えたものだ。気持ちが悪いよ。

「やんわらかぁ~」

うるせぇな。
柔らかいイコール高価で美味しいと評価するのは如何なものか。

 

 

 

阿佐ヶ谷は「鳥久」に行ってきた。

 

この街は私の散歩コースの一つで、馴染みのある店は特にないものの、
私自身には非常に思い入れもある街だ。

 

北口を出て、所謂「ディープ」な通りにその店はあった。

 

中の見えない古い入口。

ガラリとドアを開けると、思いのほか狭い店内にはぎゅうぎゅうとお客が入っている。
カウンターの内側には店主、女将、2代目?の3人がいた。

 

「すみません、すぐ片付けますんで」と女将が狭い店内の奥からやってきてカウンターを片付ける。
どうやらタイミングが良かったようだ。

 

うん?メニュー表がない。
まぁそんな店もあるわな。どれ、壁に飾ってあるメニューを見るか。
焼き鳥がメインの店だが、特別に品が多いわけでもない。
なら適当に頼むか。

 

「お通しです」

茄子のおひたしであった。

これは旨い。私は茄子料理が好きなのだが、この店主は茄子慣れをしている。うん。

 

注文を待っている間も、引っ切り無しに客が店内に入ってくるが、満席を確認すると店を出ていく、という光景が続く。
中々の人気店である。
そして、焼きが出来上がる。
ねぎま、ハツ、レバ、鶏皮、つくね、シソが目の前の小さな隙間から次々に押し出される。

 

単純に、どれも旨いと思った。

が、さらに「レバ」だけは特筆するものがあった。
センスのある奴はミディアムレアとでも言ったのであろうか、「半生」具合が丁度いい。
味付けは塩で頼んだののだが、臭みが全くない。思わずおかわりを注文してしまった。

 

間に、”甘い青唐辛子”とやらを頼んでみる。
なるほど、サクっとした歯触りでかなり旨い。

 

鳥わさも頼んでいた。
コイツも、なんだその……、「やわらかく」て旨い。
なんなら今までの鳥わさで一番おいしい。

 

 

そうなのだ。
この店の鳥料理に共通するすべては「やわらかい」なのだ。

 

 

気づくと、
私は「やんわらかぁ~」としか言っていなかった。

 

 

 

鳥久(とりきゅう)

ジャンル: 居酒屋、焼鳥
最寄り駅: 阿佐ケ谷
住所: 東京都杉並区阿佐谷北2-12-22
TEL: 03-3310-2606
営業時間: 17:15~24:00
定休日: 日曜・祝日

 

はてなブックマーク
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
miron-201710
【出身地】
秋田県秋田市
【オススメの酒場】
信濃路(鴬谷)
【お気に入りの酒】
焼酎紅茶割り
【個人SNS】
最近の記事
探す
企画酒場
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
SNS
Instagram
盛ってる酒場ナビ写真集
カリスマジュンヤの酒場deshot!!
酒場でツーショット撮影