20170416_202901885
東向島「岩金」ドキッ!店員まるごと 女だらけの大衆酒場

 

“東向島にイカさんとおるんで来てどすえ”

 

京都・福知山弁でLINEをしてきた主は、お馴染みカリスマジュンヤだ。

時間は19時。ここから一時間はかかると思われる『東向島』に来いと言うのだ。

 

しかし酒場界の”ミスター人懐こい”に言われれば仕様がない。電車を乗り継ぎ『東向島駅』のとある酒場へと私は向かった。

 

 

 

 

 

20170416_210418252

20170416_195927979

20170416_210352481

『岩金』

 

この佇まい――。

ガチンコ下町のガチンコ大衆酒場、暖簾ひとつでも迫力が都会の店とは比較にならない。

待ち合わせ場所に指定されたのは初めて訪れる酒場だったが、さすがは酒場ナビメンバー、これは期待が持てると早速中へ入る。

 

 

 

20170416_201519897

20170416_205337245

20170416_210149989

左にはカウンター、右にテーブル席が3つ。なんとも”丁度いいサイズ”の店内。イカとカリスマジュンヤはテーブル席で既に飲んでいた。

 

20170416_201336924

まずは私の大好きな『トマトハイ』で”酒ゴング“をする。

続けて壁に所狭しと貼られている料理のメニューを見ると、少し変わった料理が多かったのでたまには料理を多めに紹介したいと思う。

 

 

 

1492401782519

『牛モツ煮込み』

牛の煮込みは、もしかしたら初めてかもしれない。見るからに”溶けますよ感”が伝わってくる牛モツを口に入れてみると、まったく予想を裏切らない柔らかさ。普段食べている豚モツとは完全な別物で、トロっとした汁は豚では表現出来ない独特なうまさである。

 

20170416_202901885

『のりチーズ』

だたのチーズに海苔を巻いているだけと思いきや、一口食べるとメンバー全員が「あっ」と驚いたのは、中にはワサビが隠されていたからだ。
このワサビがあるかないかでこんなに新しい味になるものかと関心する。家で飲む時にマネしよう。

 

1492401784691

『特製ニラナンコツつくね』

 

うまいっ!!

ニラの”すった”ものをひき肉に練り込んだのであろうか、見たこともない緑色の肉塊は少し”奇異”に見えるものの、味は巧妙に”計算”されている。ニラとひき肉のバランスに邪魔をしないナンコツと、肉汁を一滴も逃さない焼き方。これ、ハンバーグサイズで出してくれないだろうか。

 

20170416_203619824

『どんなもんじゃ』

ふざけた名前が大好きなイカとカリスマジュンヤがずっと気になっていた料理。まあ名前から察してはいたが、東京下町の名物『もんじゃ焼き』をプレートに入れたものだった。
関西人丸出しのイカとカリスマジュンヤは常日頃、「粉モンはお好み焼きが一番や!日本一なんや!」と言っているので、東の粉モンの代表である『もんじゃ焼き』は許せるのか?と思っていたが、「なかなかやるやんけ!」と憎まれ口を言いつつも、殆ど二人で食べきっていたので相当うまかったのであろう。私的にもプレートに入れてくれるので非常に食べやすく感じた。

 

やっぱり女性店員が多い酒場の料理は、大抵このように手の込んだ工夫が多く、さらに美味しさの中にも優しさがあるのだ。

 

20170416_205342611

20170416_210012614

 

それにしても女性店員が多い……、というか、4人いる店員はすべて女性ではないか。

 

 

 

(この店、女店員に”酒を奢る”のが当たり前らしいで)

 

イカが小声で教えてくれた。

 

 

 

1492401813746

イカの調べた事前の情報では、女性だけで切り盛りする彼女達に酒を奢るということがこの酒場の”流儀”らしい。確かによく見れば全員”酒豪顔”に見えなくもない。

 

しかし……。

ここはガチンコ下町のガチンコ大衆酒場。初めて来たよそ者がそんな”イキがった”事なんてしたら「あら坊ちゃん達、なに調子にノッてるのかしらぁん」なんて鼻で笑われるのではないだろうか……。

 

だが、ここは酒場ナビメンバーのサカバーである以上、それを行動しないといけない使命があるのだ。

私は意を決して近くにいた若い女性店員に声をかけた。

 

20170416_201516178

「あ、あ、あの!よかったら何か飲み物を奢らせてくださいっ!」

「え?いいんですかぁ~♪」

 

やはり”奢られ慣れ”している。特に躊躇うこともなく、奢りの申し入れを快く受け取って頂いたのだ。

 

「じゃあちょっと自分の作ってきますね~♪」

と言い、カウンターの中へと戻っていく女性店員。

 

 

 

(めっちゃ清楚そうやったけど、ありゃ相当な酒飲みやで)

(ほんまや!ウイスキーのロックでも作って飲むんちゃいます!?)

 

とにかくこの酒場での”流儀”を一応達成したことに私たちは満足しつつも、その”流儀”で飲み続けてきた女性はどれほど”凄い酒”を飲むのかが楽しみだった。

 

そして暫くすると、グラスを片手に先ほどの女性店員が私たちの席に戻ってきた。

 

20170416_201512428

「これ、いただきます~♪」

 

奢られ慣れていても律儀な店員。早速四人で乾杯をする。

だが気になるのは店員の持っているグラスの酒だ。小さめのグラスの中には”白い液体”が入っていた。

 

(もしかして『どぶろく』か!? 渋いっ!!)

 

私たちは”さすがです!”と心で関心しつつも、イカが店員に確認した。

 

「おねえさん、それ何飲んでまんのん!?」

 

「カルピスソーダです~♪」

 

 

 

 

 

岩金(いわきん)

ジャンル: 居酒屋
最寄り駅: 東向島駅から351m
住所: 東京都墨田区東向島6-13-10
TEL: 03-3619-6398
営業時間: 17:00-23:00
定休日: 火曜日 第一火曜は営業

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-56-03
【出身地】
秋田県秋田市
【オススメの酒場】
信濃路(鴬谷)
【お気に入りの酒】
焼酎紅茶割り
【個人SNS】
最新の投稿





都道府県別でもっと探す ≫
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ