%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474632574429
新宿「番番」 新宿三大酒場 その1

 

 

「リュウジン さくら通りの番番って店ええらしいで」

 

 

リュウジンというのは僕のこと

 

 

「今度行こうや リュウジン」

 

 

 

 

17年前に僕を番番に誘ってくれたのは

当時お笑いコンビを組んでいた

相方のタケちゃんだ

 

 

 

 

二人で上京してきて 

お互い高円寺に住んで(本当は野方だが)

お互い新宿でバイトをしていた

 

 

ネタ作りや打ち合わせは

どちらかの家でやっていたが

時々はバイトの終わりの時間を合わせ

新宿の居酒屋で飲みながらやることもあった

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474630965009

 

 

「タケちゃん なんか怖ない?」

 

 

番番を前にして僕はビビっていた

なぜなら場所は歌舞伎町

そして雑居ビルの地下である

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474629949639

 

 

 

「大丈夫や いくぞリュウジン」

 

 

 

上京したての田舎モノ二人は

ちょっとドキドキしながら階段を下りていった

 

 

 

1474488508549

 

 

 

「うわぁ めっちゃええ雰囲気やん・・・」

 

 

 

変形コの字カウンターだけの客席だが

集客力は凄い

オジサマ達がギチギチにひしめき合い

30人ぐらいは座ってるだろうか

 

 

 

 

 

 

「わぁ 全員足したら2000歳超えるなぁ」

 

 

 

などと言いながら二人はカウンターに座り

安い250円のチューハイをすすり

旨い100円のもつ焼きをツマんだ

 

 

 

 

 

 

「ここええなぁ・・・」

 

 

 

二人は一晩で番番の虜になり

頻繁に通うようになった

 

 

 

 

 

新宿でライブがあれば

終わりでこのカウンターで

 

 

「今日はウケたなぁ」

「エンディングもっと前出なアカンなぁ」

「あのキャラやり続けたら浸透すると思うねん」

 

 

など反省会や作戦会議と称して

安いチューハイをすすった

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474634381715

 

 

安いといっても金のない若手芸人

もつ焼きは4.5種類頼み

大将の

 

「何本ずつにするー?」

 

の問いに

 

「1本ずつで・・・」

 

とお願いし

串から外してひと皿を

二人でチビチビつまみ

チューハイ4杯分ぐらい

もたせる

のが僕らの飲り方だった

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474632574429

 

 

 

時には

 

「あそこでネタ飛ばすなやっ!!」

「何やねん フォローしてくれてもええやんけっ!!」

 

笑顔のない日もあったが

番番のカウンターは

そんな二人をどっしり見守ってくれていた

 

 

 

 

 

 

解散を決めたのも番番だった・・・

 

 

「もう俺続けていかれへんわ」

「ホンマやな ボタンの掛け違いやな」

 

 

あんなに仲の良かった二人はいつのまにか

変な感じ

になっていた・・・

 

 

 

騒がしい歌舞伎町の

賑やかな居酒屋で

一組のお笑いコンビの夢がひっそりと終を告げた

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474626119156

 

 

 

あれから10数年・・・

 

 

先日 

久々にタケちゃんと番番で飲んだ

 

 

タケちゃんはお笑いの世界を辞め今は別の仕事をしている

共通の知り合いが多いので

時々酒の席で一緒にはなるが

サシで飲むのは何年ぶりだろうか

 

 

番番でとなると

あの解散した日以来だ

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474455735059

 

もつ焼きを注文すると

大将が聞いてきた

 

「何本ずつにするー?」

 

僕は咄嗟に

 

「2本ずつでっ!!」

 

と言ってしまった

 

 

別にあの頃より財布に余裕があるという理由ではない

ただあの一皿を二人でつつく感じが

照れくさかったからだ

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474632508483

 

 

 

お互いの現状の話

将来の展望の話

 

あの頃より少し年をとった二人は

番番を楽しんだ

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474631907395

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474455413975

 

 

隣の50歳同士ぐらいのカップルが絡んでくる

 

「お兄ちゃん達 聞いてよ コイツ全然やらしてくんないんだよ」

「アタシ抱く気だったら もっといい店連れていけよー」

 

流石番番

いい意味で下品だ・・・

 

タケちゃんは

 

「お姉サマ ポケモンやってます? あそこのホテル街レアキャラいますよ」

 

いいパスを出していた

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474453832784

 

 

 

 

気づくと・・・

 

 

 

 

僕のジョッキには7枚のレモンスライスが重なっていた

 

 

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474631229889

 

 

 

このカウンターは覚えていてくれているだろうか・・・

 

 

かつてここに

夢と自信しかなく ギラギラした二人がいたことを

思い通りにいかず 悔し涙を流していた二人がいたことを

夢を諦める理由を探し始めた二人がいたことを

 

 

 

 

二人の解散の原因は僕に理由が多かった

酔いの勢いに任せ

まだ言えてなかった事をタケちゃんに伝えた

 

 

 

「タケちゃん・・・ ホンマあの時ゴメンな・・・」

 

タケちゃんは

 

「ホンマやで・・・ 勝手にやる気なくしやがって・・・」 

 

そして僕から視線を外しこう呟いた

 

 

 

 

 

 

 

「まぁ 生まれ変わってお笑いやるとしてもリュウジンと組むけどな」

 

 

 

 

 

 

 

「番番」

 

新宿三大酒場の一つにさせて頂きます

 

残り二つは近日中に・・・

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1474456879659

 

 

 

番番(ばんばん)

ジャンル: 焼鳥、炭火焼き
最寄り駅: 新宿西口駅から289m
住所: 東京都新宿区歌舞伎町1-16-12 梅谷ビル B1F
TEL: 03-3200-9354
営業時間: 17:00~23:45
定休日: 無休

 

はてなブックマーク
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-10-16
【出身地】
兵庫県西宮市
【オススメの酒場】
大林(篠崎)
【お気に入りの酒】
ホッピー
【個人SNS】
最新の投稿

駅から探す

最新の検索ワード
企画酒場

みん酒場

みんなの行って欲しい酒場
読者オススメの酒場情報

激安酒場

激安酒場
100円?50円?10円!?

酒場調査

メンバーに行ってほしい酒場
あなたが気になる酒場を大調査

朝飲活動

朝活(あさかつ)
朝飲み活動ただいま巡回中

挑戦する

酒場でやってみた
あんなこと、こんなこと

読者飲み

読者飲み
メンバーと飲みに行こう

聖地巡礼

聖地巡礼
全国の酒場の聖地へ訪れる――

食堂飲み

大衆食堂飲み
なつかしいあの食堂で酒を飲む

朝昼酒場

朝昼酒場
朝からお酒を飲みに行こう

三大酒場

三大酒場シリーズ
酒場ナビ的全国三大酒場

西成地区

日本のドヤ街で飲め!!
大阪市西成 編
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

SNS

twitter
フォローで最新記事を読もう
facebook
ファンページ&オフショット
Instagram
盛ってる酒場ナビ写真集
カリスマジュンヤの酒場deshot!!
酒場でツーショット撮影