1481066499213
【第1回】赤羽「丸健水産」 くまモン達と飲んだんだモンッ!

 

Q.酒場ナビメンバーと飲めるって本当?

 

A.本当です。

 

 

 

先日、酒場ナビメンバー待望でもあった”読者飲み”の第1回を遂に実現することが出来た。

 

今回、一緒に飲むことになった読者は熊本県出身の2人。
他のメンバーは知らないが、私は熊本県に行ったことがないどころか、熊本出身者と出会ったことさえ無い。

 

舞台は都内でも屈指の酒場街『赤羽』。
果たしてどんな人物なんだろうと期待と不安を胸に、その日を迎えた。

 

 

 

 

 

「酒場ナビの方ですよね?」

 

さすがはカリスマジュンヤ。この金髪カリスマイルですぐに見つけてもらうことが出来た。

 

まずは今回依頼してくれた読者の紹介から。

 

 

 

take

「タケさん」
今回ご依頼をしてくれた熊本県在住の男性。
休職中の当時、日本中をトランクひとつだけで浪漫飛行中とのこと。

 

shiro

「シロウさん」
熊本県出身の東京都在住。
タケさんと同級生で、現在都内でIT企業のエリート!?

 

せっかくの第1回。色んな意味で”イッてる人”が来たらどうしようと思っていたが、ちゃんとした大人だったので安心した。
まあ私を抜いたイカとカリスマジュンヤ自体が”イッてる人”なので、逆に向こうが不安だったかもしれないが。

 

一通りあいさつをしてから、いざ赤羽ハシゴ酒へ出発。1軒目の『立ち飲み いこい』へ向かう。

 

 

 

 

 

20161204_180733_408

1軒目『立ち飲み いこい

 

席は店先のテーブル。
この日の夜は気温も高めだったので外で男同士、学生気分で語り合うのには丁度よかった。
まずは瓶ビールを酌み交わし、グラスでガチーンと出会いに乾杯。

一瞬で飲み干されたビールに続いて『ゴールデンハイボール』を注文。

 

20161204_181616_664

20161204_181643_348

20161204_181701_824

酒場ナビ伝統の”クロス飲み”の儀式も終わったところで、まずは軽めの”アテ”を注文する。

 

20161204_180618_229

20161204_181019_251

適度に空いた小腹を埋めながら、改めてお互いを紹介していると――。

 

 

 

 

 

「地震で、自分の家も結構壊れたんですよ」

 

おもむろに語りだすタケさん。

熊本県といえば今年の2016年、『熊本地震』という災難に見舞われた事が記憶に新しい。
イカの出身地の神戸、私の出身地東北でも過去に大きな地震に遭い、大変だったろうなということは語らずとも伝わる。

結構、デリケートな話だと思っていたのだがタケさんが話を続ける。

 

「でも国からお金が出て、ひとりで2DKの部屋を”タダ”で借りてるんですよ!」

 

メンバー一斉に「マジですか!?」と驚き、続けてシロウさんも、

 

「ウチも地震後、熊本の実家に帰ったら国からお金が出たみたいで、壊れたキッチンがゴージャスになってました(笑)」

 

と、思わずみんなで笑ってしまった。

 

 

日本って意外と必要としてる所に正しい金を使ってるんだな、と初めて思った。
勿論、それが全ての悲しみを消し去るとは思っていないが、こうやって現地の人と話し、時には笑いながら酒を飲めるという事が、どれだけ大きな意味を持つ事か。

 

 

 

 

 

 

 

20161204_195537_712

2軒目に向かったの店が『八起』だ。
ここも説明不要の赤羽を代表する店で、この時もめちゃめちゃ繁盛していた。

 

 

 

20161204_185756_602

20161204_185746_397

20161204_185803_560

1481066624294

 

店に着いたころは1階席も2階席も満席だったが、流石は酒場ナビ。諦めて帰ろうとした途端、1階のカウンター席が丁度5席空いて座ることが出来たのだ。

それはいいのだが、席に座ってからは”お姉サマ”に声をかけられて一緒に写真を撮ったり、隣の紳士と話したりとメンバー全員揃ってしまうと、まあ落ち着きがない。

ここは少し変わった料理も食べれるので、そろそろまわりに怒られないうちに注文をする。

 

 

 

 

 

20161204_190126_789

20161204_190052_111

『豚王ぽ』と専用つけタレ

ほとんど”骨”なのだが、その骨をしゃぶりながら飲むという”通”な飲み方があるとかないとか。

 

20161204_190639_360

『チャーメン』

肉の入った”もやし炒め”みたいなもので、そのチープな感じは安い酎ハイにとても合う。

 

 

 

「すんまへん!”豚王ぽ”てなんでこんな名前なんでっか!?」

「先輩!これ何でチャーメン言いはんの!?」

 

ここで言うイカの”先輩”とは店員のことなのだが、至近距離のイカの大声にもちゃんと答えてくれる優しい”先輩”達。

20161204_185433_627

20161204_185555_782

ある意味、その店のことが本当に知りたいならイカと飲みに行くのが一番いいのかも知れない。

 

 

 

 

 

20161204_195712_342

ほどよく、赤羽に馴染んできた5人。
続いて3件目となる『丸健水産』へと向かった。

 

 

 

 

20161204_184750_648

1481066602770

20161204_200744_754

20161204_200739_152

実はこの日、『丸健水産』へは既にに2回アタックしていたが、あまりにも並んでいたため断念して先に他の店を回っていたのだ。3回目のアタックにしてようやく席を確保できるという繁盛ぶり。
ここまで人気なのだったら”ファストパス”くらい出してもいいのではないだろうか。

カリスマジュンヤ以外の4人は初めて訪れる店で、どうやら飲み方にもそれなりの”ルール”があるようだが・・・。

 

 

 

 

1481066499213

待ちに待った名物のおでんと『丸眞正宗』のマルカップを頂く。

どのネタもじっくり煮込まれて、出汁で表面が少し”ふやけた”ネタを、男5人でハフハフしながら食べる。
至福としか言い様がない。

 

 

 

そして、『丸健水産』の代名詞とも言える『おでん出汁割り』を求めに店頭へ。

 

p_20161204_201816

5人でマルカップを半分までグイっと飲み、そこへアツアツのおでん出汁を注ぎ、七味をふりかけると、丸健水産名物『おでん出汁割』の完成である。

 

もう一度乾杯をして、一口飲むと5人一斉に「うまいッ!」と揃った。

 

ブルッと冷え始めた外の空気とは裏腹に、温かい『出汁割り』は男たちのトークをさらに温め、ヒートアップさせていく。

 

 

 

 

 

 

「お父はん!一緒に飲みはりはりまへんかえ!?」

 

ここにきて”カリスマジュンヤ節”が炸裂する。
隣のテーブルに一人で飲んでいた”先輩客”にカリスマジュンヤが京都弁ではんなりと声を掛け、何故か同席しようということになった。
勿論、タケさんやシロウさんも”強制”だ。

 

その先輩も「おおそうかい?」と何の躊躇もなく受け入れてくれたのだ。

 

1481066505185

出展:カリスマジュンヤの酒場 de 2shot

 

「オレはここに20年も通ってるんだ、ワッシャッシャ!」

「それより、前歯どうしたの?」

 

また私の”思わず口にする癖”が出てしまった。すかさず横にいたイカから無言でパンチが飛んでくる。
いや、きっと私も酔っていたし暗かったから”前歯が無いように見えた”だけだろう。

p_20161204_203841

 

 

 

日本酒が入ってすっかり気持ちがよくなってしまった私は、この美味しい『おでん出汁割』がもう一杯飲みたくなったので店頭へ頼みに行く。

 

1481066494997

「ウチは酒1杯までだよ」

 

なるほど、これが例の”ルール”ってやつか。
「缶チューハイも駄目!?」と聞いてみたもののやはり駄目。どうしようかと考えていると、横でおでんを買っていた男女のカップルが声をかけてきた。
・・・しかしまあよく声をかけたり、かけられたりする集団だな。

 

「”おでん出汁割”すぐに飲みたいから、お兄さんマルカップ半分飲んでよ」

「いいんですか!?頂きます!」

 

と、張り切って3分の2を一気に飲んでお返しした。
そのカップルは「ジャガー横田」と「木下先生」夫妻に似ていて、少し話したが本人夫婦と同様、とても仲が良く微笑ましい2人だった。
ジャガー姉さん、マルカップありがとうございました。

1481066611504

撮影:ジャガー姉さん

 

 

 

これまでずいぶん飲んだと思っていたのだが、タケさんとシロウさんは全く酔っている様には見えなかった。

月並の表現ではあるが、さすが九州男児、さすが”火の国”の漢(おとこ)。

しかし、ここで帰してしまうのは酒場人情の義理を欠く。

 

イカが叫ぶ。

 

「十条の三忠食堂やッ!」

 

なるほど。私の地元を含め、地方では『食堂飲み』をやるイメージがあまりない。
『食堂飲み』の良さはなんといってもあの独特の雰囲気だ。
酒場にはない、あの家庭的な空間と豊富なメニュー。ラジオから流れるニュースを耳にしながら『週刊つりニュース』見てチビグラスに瓶ビールを注ぎ、ハムエッグなんかを食べる――。

p_20161204_205623

是非ともこの雰囲気を2人に体験してもらうため、となり駅の十条へと急いだ。

 

 

 

 

 

 

 

1481066570485

1481066590977

4件目『三忠食堂

 

ここは以前、イカと2人で来た事のある店だ。

鮮やかな青の品名、ゾッとするほどの深紅で値段を書いたメニュー札が壁一面に張られているのが特徴的。
家庭的な料理の小鉢が入ったショーケースと薄暗い照明。

一歩、店へ足を踏み入れれば誰もが皆、この店に魅せられるのだ。

1481066507891

1481066584364

20161204_211025_619

20161204_211000_227

20161204_211302_513

20161204_213745_220

 

 

 

魅せられたのはタケさんやシロウさんも例外ではない。

 

その証拠に、こちらの2人を見ていただきたい。
まるで『三忠食道』の専属モデルのような撮られっぷりである。

20161204_211729_413

 

20161204_211753_705

仮に”くまモン”が同じように撮ったとしても・・・・・・、いや、残念ながら”くまモン”に軍配があがるのだろう。

 

 

 

・・・

 

 

 

長いようで短かった時間。

初対面でも男同士が4軒も飲み食いを共にすれば壁なんか無くなる。そこが”酒場”であればなおさらだ。
お互いの身内や地元の話、自分の持っている”ネタ話”など何でもありだ。
そうそう、この時も話してくれたのだが、イカの『姉の反抗期』と『男だけで料理した日』というタイトルの”家族ネタ話”は何度聞いても笑えるので、イカと飲むことがあれば是非聞いてみてほしい。

 

20161204_213732_272

 

(今夜はこの店で”お披楽喜”であろう)という思いに、男達は焦らしながら酒を飲み干し、店を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

『読者飲み』第1回。

ここでは書けない話も沢山あったものの、”大成功”のうちに幕を閉じた、 と言わせてもらう。

 

そして『タケさん』と『シロウさん』

本当にありがとうございました。

 

次は熊本で会いましょう。

 

1481066559728

 

 

 

酒場ナビでは”メンバーと一緒に飲みたい人”を募集しております!

【応募条件】
・東京都内で飲める方(※1)
・20~50歳くらいまでの男女
・人とお酒を飲むのが大好きな方
・一緒に飲んだ時の記事を公開をしてもいいという方
・酒乱ではない方(重要)

【歓迎します】
・ひとりで
・のんべえ女性グループ
・日本語が喋れる外国人の方 などなど

酒場あるあるネタやお酒について楽しく語りましょう!

 

応募フォームはコチラから。

 

【注意事項】
応募者すべての方と飲みに行くという事ではございません。
厳選なる選考の結果、一緒に飲みに行くことが決定した方のみメールにてご連絡差し上げます。

※1 東京都以外にも、横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市などの東京都近郊も検討させて頂きます。

 

丸健水産(まるけんすいさん)

ジャンル: おでん、立ち飲み居酒屋・バー
最寄り駅: 赤羽駅から250m
住所: 東京都北区赤羽1-22-8
TEL: 03-3901-6676
営業時間: 10:00~21:00
定休日: 第3水曜日

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-56-03
【出身地】
秋田県秋田市
【オススメの酒場】
信濃路(鴬谷)
【お気に入りの酒】
焼酎紅茶割り
【個人SNS】
最新の投稿





都道府県別でもっと探す ≫
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ