20170207_224236_408
【第2回】下北沢「大衆酒場よっちゃん~宮鍵~珉亭」孤島ガールはフォトジェニック

 

読者飲み“企画の第2回。

 

今回、なんと”女性ひとりでの参加希望”ということで、男だらけの酒場ナビメンバーは気合い十分。依頼者の希望もあり、東京のヤングタウン『下北沢』で開催することになった。

 

かくして、下北沢駅に集合したメンバーと依頼者の4人は1軒目の『大衆酒場 よっちゃん』へと向かった。

 

 

 

 

 

はしご酒1軒目『大衆酒場 よっちゃん』

 

下北沢では有名な立ち飲み屋。
小さな”コの字”カウンターで、地下の少し暗めな照明が大衆酒場感を演出してくれる。

 

 

 

ここで依頼者の紹介。

 

「KAEさん」
最近になって酒場での”ひとり飲み”に開眼。自分の住んでいる町では数件の行きつけの店をめぐりつつ、夜な夜なひとりで酒場めぐりをしているとのこと。
出身地は絶海の孤島で知られる”あの島”!?

 

 

 

 

まずは、”読者飲み”企画では恒例の”クロス飲み“の儀式を行う。

 

20170207_204317_658

何故か私はイカとクロス飲みをする。

 

 

 

 

 

「出身は”青ヶ島”です」

 

キョトンとする酒場ナビメンバー。

KAEさんに聞くと、青ヶ島とは”新島”や”八丈島”と同じ東京都に属し、都心から遥か360㎞南の太平洋に浮かぶ島であるとのこと。
人口も170人程で全員が顔馴染み、島には信号機が1台しかないという孤島から、酒場ナビメンバーと出会い、こうして酒を飲み交わしていることに感動する。

 

そんなKAEさんを、初っ端から”床灰皿“があるような立ち飲み屋に連れて来てしまって大丈夫かと思ったが、彼女も”安くいっぱい飲める”という理由で、立ち飲みは大好きとのことであった。

 

20170207_203809_132

20170207_205347_843

20170207_204551_201

20170207_205647_445

1486523113036

20170207_204557_793

立ち飲みならではの肴を楽しみつつ、KAEさんは写真を快く撮らせてくれるのだが、ここではじめて”女性の読者飲み”ならではのあることに気づく。

 

それは撮影された写真が”盛っている”かどうかの確認が必要なことである。

 

記事に掲載する用に、撮影後は必ずKAEさんに写真を見せ”まあまあ”以上の許しを請う作業があるのだが、今後予定される女性読者飲み企画の大変参考となった。

 

20170207_205913_494

“盛った写真”を撮る方法で、最近ポピュラーなのが『SNOW』というスマホアプリを使うことらしい。人間の顔を自動認識して、ネコやウサギなどの動物へ可愛らしく”擬態”させることが出来ると、KAEさんがそれを見せてくれたのだが、私達の様なただの酒飲み野郎3人には皆無のアプリであった。

 

 

 

・・・

 

 

 

20170207_215329_889

続いてはしご酒2軒目『宮鍵』。

 

おでんが”ウリ”の下北沢で60年以上続く老舗酒場。
店内は入り組んだカウンターと、一部に住居スペースも入り込んでるという造り。

訪問した時は、幸運にも私達だけの貸し切り状態だった。

 

20170207_215352_857

1487819146606

 

“出汁割り”

 

この張り紙を見て色めき立つ4人。

前回の読者飲み企画でも赤羽『丸健水産』の”おでん出汁割り”を飲んだが、ここには日本酒のワンカップ以外にも”金宮焼酎”のワンカップという珍しい出汁割りも飲むことが出来たのだ。

20170207_215735_213

1487822802532

20170207_220442_755

それに加えておでんも品数が多く、どれもこれも味が丁度よく染みてて美味い。

ワンカップを半分ほど飲み終え、お待ちかねの”出汁割り”をみんな作る。

 

20170207_222614_389

20170207_221211_168

20170207_221448_643

 

やっぱりうまいっ!

 

KAEさんも”出汁割り”が気に入ったらしく、あっという間に出汁割りを飲み切る。

 

20170207_222918_483

それどころか、おっさんがよくやる古典ギャグの”徳利の酒確認”まで披露してくれた。
因みに、この写真の”盛り”具合いは『結構良い』というお褒めまで頂いた。

 

居心地の良さも相まり、この若者文化の町の片隅でしばらくの時間を過ごすのだった――。

 

20170207_220004_601

20170207_221520_431

20170207_221710_490

 

 

 

・・・

 

 

 

20170207_223746_715

はしご酒3軒目『珉亭』

 

夜が更けはじめ、そろそろ”締め”の時間が近づく。

 

そして、

下北沢での”締め”といえばやはりここである。

数多くの著名人にも愛される酒場を前に、興奮したイカとカリスマジュンヤが『ダブル暖簾引き』を披露し店内へと入る。

 

 

 

20170207_223859_287

特にここは二階席が素晴らしく、広い畳敷きにテーブルが並んだ感じが、どこかノスタルジーを感じさせるのだ。

 

 

 

20170207_223916_565

大好きな『楳図かずお』のサイン色紙に”昂奮”したカリスマジュンヤは、一見、怪しげに”クロス飲み”をする。

ただ、それ以上に私とイカは濃密なクロス飲みをするのだ。

 

1486523120888

 

 

 

 

 

1486523124569

改めて”酒ゴング“を済ませ、酒場ナビ的『珉亭最強締めセット』を注文。

 

 

 

20170207_225156_561

『チャーハン』

『珉亭』の代名詞とも言える”紅い”チャーハン。
『宮鍵』で日本酒を飲んで、いい感じに酔っ払ったこのタイミングで食べる”もっちり感”を残しつつも、程よく”パラける”このチャーハンは本当に格別である。

 

 

 

20170207_225118_839

『ギョーザ』と『半ラーメン』

ギチギチに詰まった餡の肉々しさがビールを追加させる。
KAEさんも思わず餃子とのツーショットをしたのだが、大好きな男性とのツーショットでも、ここまで良い表情はしないのではないだろうか。

勿論、この写真の”盛り”具合いは『かなり良い』というお褒めを頂いたのは言うまでもない。

 

 

 

・・・

 

 

 

楽しい時間はあっという間で、解散の時が来てしまった。

 

読者飲み企画はじめての女性参加者だったが、青ヶ島の話や”女性のんべえ”ならでは飲み方などが聞けて、本当に楽しい夜であった。

 

P_20170207_232220

 

KAEさん、ありがとうございました。
また乾杯出来る日を楽しみにしております。

 

 

 

 

 

因みにではあるが、
元々、”カリスマジュンヤの酒場de2Shot“がきっかけで依頼をしたとのことだったので、最後にカリスマジュンヤとのツーショット撮影を提案。

 

折角なので、
頑張って初めての『SNOW』を使い”盛った写真”とやらを撮ってみた。

 

 

 

 

 

 

きっとKAEさんも気に入ってくれると思う。

 

 

 

 

 

 

 

酒場ナビでは”メンバーと一緒に飲みたい人”を募集しております!

【応募条件】
・東京都内で飲める方(※1)
・20~108歳くらいまでの男女
・人とお酒を飲むのが大好きな方
・一緒に飲んだ時の記事を公開をしてもいいという方
・酒乱ではない方(重要)

【歓迎します】
・ひとりで
・のんべえ女性グループ
・日本語が喋れる外国人の方 などなど

酒場あるあるネタやお酒について楽しく語りましょう!

応募フォームはコチラから。

【注意事項】

酒場ナビメンバーと友人・知人の方のご応募はご遠慮ください。
応募者すべての方と飲みに行くという事ではございません。

厳選なる選考の結果、一緒に飲みに行くことが決定した方のみメールにてご連絡差し上げます。

※1 東京都以外にも、横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市などの東京都近郊も検討させて頂きます。

 

宮鍵(みやかぎ)

ジャンル: おでん、焼鳥、もつ焼き
最寄り駅: 下北沢駅から251m
住所: 東京都世田谷区北沢2-33-12
TEL: 03-3467-5000
営業時間: 17:00~23:30
定休日: 日曜・祝日

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-56-03
【出身地】
秋田県秋田市
【オススメの酒場】
信濃路(鴬谷)
【お気に入りの酒】
焼酎紅茶割り
【個人SNS】
最新の投稿





都道府県別でもっと探す ≫
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ