20170814_185754948
秋田「江戸中」他 – 郷土はしご酒のススメ

あい、バガっけ!なぼたげ飲みさ行ぐって!?

 

 

上の文字列を見て、いったい何人の読者が理解をして頂けただろうか。

 

実はこれ、日本語である。

私の故郷・秋田県の言葉、『秋田弁』なのである。そして、秋田の呑兵衛が母親、嫁に一番浴びせられる『秋田弁』でもある。

 

” この馬鹿!どれだけ飲みに行くんだよ!? “

 

因みにこれが『標準語』の直訳である。

 

 

 

 

 

――8月の某日。

地元の秋田に帰郷する為、私は東京駅の秋田新幹線のホームにいた。

メンバーのイカが、「ワイも秋田新幹線がみたいんや!」と、ついでに見送りに来てくれた。

 

P_20170809_170557

P_20170809_170622

P_20170809_171622

P_20170809_171659

これから片道4時間弱という、恐ろしいほどに長い移動がはじまるのだが、2時間もすれば車内で酔い潰れるので、実質2時間の移動である。

 

 

 

・・・

 

 

 

あいー、さんびなっ!!
(訳:うわ、寒いな)

 

21時を過ぎ、人間が住めるギリギリである猛暑の東京から、新幹線で4時間後には「寒い!!」と言っていた。
気温は20度以上はあるものの、体感温度は10度くらいで短パンと半袖のTシャツではかなり肌寒かった。

到着した秋田駅で、地元の男友人二人と待ち合わせをし、早速秋田駅周辺で” はしご酒 “を開始。

 

そして今回、『郷土はしご酒のススメ』ということで、その会話には『秋田弁』に『標準語』を添えて、より” リアル “な郷土秋田のはしご酒を紹介したいと思う。

 

 

 

味論「あい、久しぶりだねが
(訳:おー、久しぶりじゃん)

友人1「何、どさ飲み行ぐどってや
(訳:どこに飲みに行くの?)

友人2「オイだば車で来でだがら飲まいねや
(訳:俺は車で来てるから酒飲めないよ)

 

 

……すでに『は?何語?』と思うかもしれないが、このまま続ける。

 

秋田駅から少し歩くといくつかの酒場が集まっており、以前にも記事で『立ち呑み おひとりさま』という酒場を紹介したこもある。

その近くに、外からも醤油のいい匂いが漂ってくる酒場が、今回のはしご酒一軒目である。

 

20170810_191048719

20170810_191139560

『美酒亭美称』

 

ここ秋田でも、しっかりと” 暖簾引き “をして入店。
店内の中央には正方形のコの字カウンターがあり、奥には小上がり席がある。

 

 

味論「どさ座ればいすが?
(訳:どこに座ればいいですか?)

店員「へば、奥の席さどぞ
(訳:じゃあ、奥の席へどうぞ)

 

20170810_192513420

20170810_201155988

20170810_191242702

私たちは奥の小上がり席へと座った。
テーブルには手書きのメニュー、壁には雪深い秋田の昔の雪上用具が飾られている。

 

店員「何飲むすが?
(訳:何を飲みますか?)

味論「へば……、ビールけれす
(訳:じゃあ……、ビールください)

友人1「オレだばコーラでい
(訳:俺はコーラでいい)

友人2「オイもそれでいは
(訳:俺のそれでいいよ)

 

20170810_191818700

私と違って、あまり酒を飲まない友人二人を巻き込んで” 酒ゴング “を鳴らす。
” カヅーン “と、グラスの音も少し訛って聞こえる。

 

店員「こづら、お通しだす
(訳:こちらお通しです)

味論「あいー、こい何だべなぁ!?
(訳:わぁ、これは何だろうな!?)

店員「こいですが?” にしがい “だす
(訳:これですか?” にしがい “です)

 

20170810_191637627

『にしがい』

お通しには、えだまめ、フキの煮物と一緒に『にしがい』という見たこともない小さな貝が出された。しかしコレって、よく港の堤防なんかの側壁にへばりついてるヤツじゃないのか?と、少し抵抗感があったが……、

 

んめっ!!
(訳:んまいっ!!)

 

身は小さいながらも、まるで『さざえ』の様に美味で、東京ではまず出さないであろうお通しに、” 今、秋田にいるんだなぁ “と思い返させてくれる。

 

20170810_191310488

 

味論「あや!?” ブラックストーン “あんねが!?
(訳:あれ!?” ブラックストーン “があるぞ!?)

 

実は秋田は、日本酒だけではなく『焼酎造り』にも力を入れており、中でも『ブラックストーン』という” 酒麹 “を使用した焼酎が人気だ。その『ブラックストーン』を使ったハイボールを、ここ秋田で飲まないわけにはいかず、それと一緒に料理も頼んだ。

 

20170810_195012129

『ブラックストーン ハイボール』

濃厚な味わいに、ほのかな” 麹 “の風味が絶妙、ワインで言うと” フルボディ “な一品。ハイボールなのでアルコール度数は抑え目であるが、『ブラックストーン』自体のアルコール度数は” 40度 “近いものばかりである。
さすが、” 酒豪出現率 “全国ダントツ一位の秋田県、恐ろしい……。

 

20170810_192356958

『じゅんさい』

東北以外ではあまり聞きなれないと思うが、秋田ではかなり主流の食べ物である。食べ味を比喩するのが難しいが、柔らかい” メカブ “の様なものに” ヌルッ “とした皮膜があり、それを薄い酢醤油で味付けして食べるのだ。『じゅんさい』自体には大して味はなく、独特の食感を楽しむ一品である。

 

20170810_192758854

『イカの沖漬け』

” ほたるイカ “ではなく” ヤリイカ “の沖漬け。ワタも含め、ヤリイカ一本丸ごとが調味醤油で漬けられているのだが、とにかくうまくうまくて仕様がない。『塩辛』の様でもあるが、味の深みの次元がまったく違い、” ほたるイカ “にはない” ねっとり “としたうまみがある。駅前でお土産にあったら絶対に欲しい。

 

味論「やっぱす、秋田っていな~
(訳:やっぱり、秋田っていいよな)

友人1「んだべが?何もねねがや
(訳:そうか?何にもないと思うけど)

友人2「んだんだ
(訳:そうそう)

 

たちまち舌が” 秋田味覚 “に戻った私は、続いて二軒目を目指し『川反』へと向かった。

 

 

 

20170814_191830417

20170814_191849163

20170810_203855630

『川反(かわばた)』

 

『川反』とは、秋田県で最大の歓楽街である。

写真ではかなり貧相な歓楽街に見えるが、本当はもうちょっと栄えている。
そんな中でも行きたかった酒場がこの『おでん屋』である。

 

20170810_204143994

20170810_204255040

『江戸中』

 

赤渋いっ!!

ここでも” 暖簾引き “をして中へ入ると、中では真っ赤なカウンターが出迎えてくれた。

 

20170810_204403148

20170810_204739596

20170810_204358231

 

友人1「赤ばっがでねがや
(訳:赤ばっかりだな)

味論「ビールけれす
(訳:ビールください)

 

20170810_204624469

20170810_204659905

20170810_204425732

赤いおしぼりなんて初めて見る。目の前にある年季の入った酒燗器も、コトコトと現役のようだ。

うーむ、ここもいい雰囲気だ。早速、推しの『おでん』を注文してみる。

 

味論「おでん食いてんだすけど、どれいすべ?
(訳:おでんが食べたいんですが、どれがいいですか?)

店員「へば、適当に盛り合わせするすや
(訳:じゃあ、適当に盛り合わせにしますね)

 

20170810_205025701

20170810_204855594

『おでん(各種)』

 

味っこ染みでらっけ!!
(訳:味が染みてる!!)

 

てっきり、” 秋田の濃い味 “で真ドっ黒なおでんが登場するかと思いきや、薄色の出汁でしっかりと、そして上品に染みた”おでん種”は8月の暑い季節にはピタリ。実は、夏のおでんもなんとなく夏の風情を感じて好きだったりする。

 

味論「おでん以外、何かあんだすが?
(訳:おでん以外に何か料理ありますか?)

店員「焼鳥だば、あらすや
(訳:焼鳥ならありますよ)

味論「へば、タレでなんぼかけれす!
(訳:じゃあ、タレで何本かください!)

 

20170810_211424079

20170810_211637838

『とりもつ』と『にわとり』

上品な味のおでんとは打って変わり、甘じょっぱいくパンチの効いたタレは、まるで主張の強い赤い店内を表すかのようだ。『とりもつ』は” レバ “、『にわとり』は” ネギマ “と言わせるネーミングにもセンスを感じる。

 

味論「なぁんと、秋田すったげいい店あんねが~
(訳:うん!秋田っていい店あるね~)

友人1「んだべが?何もねねがや
(訳:そうか?何にもないと思うけど)

友人2「んだんだ
(訳:そうそう)

 

子供の頃は親に『川反は大人の街だから行くな』と言われていたが、大人になり過ぎるほど大人になってしまった40歳手前の男三人で徘徊する『大人の街』は、” まだまだ飲んでいけ “という誘惑を漏れなくしてくる。

 

 

 

20170814_202749768

20170814_202710219

はしご酒三軒目『都野鳥』

 

川反の歓楽街に一際目立つ看板。
なんだかここも” 赤 “を基調としているが、そういえば秋田新幹線の『こまち』も赤がテーマカラー。秋田って赤が好きなんだろうか。

 

20170814_202700251

20170814_194026911

20170814_193644433

20170814_193632428

暖簾を潜ると、これがまた良い雰囲気の店内。
一階と二階が吹き抜けており、今日行ってきた二軒がこじんまりとしていたのもあり、とくに広く感じる。

 

20170814_193657667

20170814_195244541

カウンターに座ると、目の前が広い厨房となっており、私はこの” 学生食堂 “や” サービスエリアの食堂 “を思わす様な広い厨房が、どこかマッタリとしてDNAレベルで大好きなのである。

 

20170814_200253490

メニューを見て『ハタハタの唐揚げ』がパッと目に付いた。

 

味論「秋田だば、やっぱハダハダけねばな!
(訳:秋田なら、やっぱりハタハタ食べないとね!)

友人1「すたもん、東京さ” なぼ “でもあるべせ
(訳:そんなもの東京にいくらでもあるだろ)

味論「なもや、秋田で食うがらいんだべせ
(訳:いやいや、秋田で食べるからいいんだよ)

私はレモンサワーと一緒にハタハタを注文をした。

 

20170814_194451437

20170814_194711425

『ハタハタの唐揚げ』

 

すたまでげ!!
(訳: チョーデカい!!)

 

旬ではないといえ、まるまると太った身と味の濃さはさすが本場といったところ。今や” 高級魚 “扱いのハタハタも、母親曰く、昔は” 木箱一箱10円 “という時代もあり、オヤツ代わりに嫌になるほどハタハタを食べさせられたらしい。

 

20170814_194016142

 

味論「ちょまで!” くじらかやき “あんねが!?
(訳:ちょっと待って!” くじらかやき “があるよ!?)

友人1「んだ、こいだば、東京さもねがもな
(訳:ああ、これは東京にも無いかもな)

友人2「んだな、まずねべな
(訳:そうだな、まぁ無いだろうな)

 

20170814_193855779

『くじらかやき』

この料理を知っている読者はどれくらいいるだろうか。簡単に説明すると、” クジラの皮 “の部分をナスと一緒に白味噌で炊いた鍋である。
黒い皮は脂肪ごと薄く切られており、見た目も味もかなり独特なのだが、こってり濃厚なこの鍋は『きりたんぽ鍋』と同じくらいメジャーになってもいい程うまい。いや、私の中の”秋田の鍋”としてもっともっと売り出したいくらいだ。

 

 

あい~、んめぇ~なぁ~

 

十数年ぶりに『くじらかやき』を食べて気づいた。
郷土に帰って何が一番かって、その土地の” 味 “を思い出せることではないだろうかと。

体の奥の底の底にある” 思い出の味覚 “が、東京でどんなに目新しい料理の店へ行こうとも、何年その郷土を離れていたとしても、地元の料理を一口食べれは一気にすべてが蘇る。同時に、自分は” この土地の人間 “なのだと思い返し、なんとなく嬉しくもなるものだ。

2泊3日などの観光ではこれを味合うことが出来ない、” 郷土 “を持っている人間だからこその特権なのだ。

 

 

 

20170814_201042741

 

友人1「あど、” 腹っつえ “し行ぐや
(訳:もう、お腹も一杯だし帰ろう)

友人2「んだ、まだ帰ったどぎ、行げばいねが
(訳:そうしよう、また帰ってきた時にでも行こう)

 

 

田舎から上京して、たまに地元へ帰り友人らと集まってみるものの、「何にもない」や「遊ぶところがない」とよく聞く。
しかし、” 離れて分かる地元の良さ “というのも、やはりあるのだ。

 

子供の頃に遊んだ公園に行ってみるもよし、

地元じゃ誰も行かない観光名所に行くもよし、

勿論、地元で” はしご酒 “でもよし。

 

酒場を通じて、改めて郷土の” よし “というものを感じた夜であった。

 

 

へば、まだ帰ってくっが
(訳:じゃあ、また帰ってこよう)

 

私は、これからも、ずっと、秋田へ飲みに帰る――。

 

 

読者のみなさんも、是非、故郷や地元に帰って” 郷土はしご酒 “をしてみてはいかがだろうか。

 

 

 

江戸中(えどちゅう)

ジャンル: おでん、焼鳥
最寄り駅: 秋田駅から1,255m
住所: 秋田県秋田市大町5-3-15
TEL: 018-824-4039
営業時間: -
定休日: -

はてなブックマーク
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
miron-201710
【出身地】
秋田県秋田市
【オススメの酒場】
信濃路(鴬谷)
【お気に入りの酒】
焼酎紅茶割り
【個人SNS】
最新の投稿

駅から探す

最新の検索ワード
企画酒場

みん酒場

みんなの行って欲しい酒場
読者オススメの酒場情報

激安酒場

激安酒場
100円?50円?10円!?

酒場調査

メンバーに行ってほしい酒場
あなたが気になる酒場を大調査

朝飲活動

朝活(あさかつ)
朝飲み活動ただいま巡回中

挑戦する

酒場でやってみた
あんなこと、こんなこと

読者飲み

読者飲み
メンバーと飲みに行こう

聖地巡礼

聖地巡礼
全国の酒場の聖地へ訪れる――

食堂飲み

大衆食堂飲み
なつかしいあの食堂で酒を飲む

朝昼酒場

朝昼酒場
朝からお酒を飲みに行こう

三大酒場

三大酒場シリーズ
酒場ナビ的全国三大酒場

西成地区

日本のドヤ街で飲め!!
大阪市西成 編
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

SNS

twitter
フォローで最新記事を読もう
facebook
ファンページ&オフショット
Instagram
盛ってる酒場ナビ写真集
カリスマジュンヤの酒場deshot!!
酒場でツーショット撮影