国道「国道下」 夏の恒例行事

皆さんは鶴見線の海芝浦駅という駅をご存知であろうか?

 

screenshotshare_20160817_000408

 

 

鶴見線海芝浦支線の終着駅である。

 

 

駅を降りるとそこはすぐに海が見えて、海に面してるのだ。

 

それであって無人駅である。

 

 

 

一般人は改札を出ることが出来ない珍しい駅なのである。

 

 

 

 

そんな素敵な「海芝浦駅」にちょうど1年前、筆者(カリスマジュンヤ)は訪れたのだ。

 

 

screenshotshare_20160817_000333

 

 

 

 

 

 

 

海風を感じ……

 

FB_IMG_1466492388687(1)(1)

 

 

 

 

 

 

まるで俳優気分になった気分で写真を撮ってもらったのを今でも覚えている。

 

FB_IMG_1466492395593(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな2015年6月20日の出来事であった。

 

確かにツメ跡は残せたはずだ。

 

IMG_20160623_130504(1) (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、海芝浦駅へ行くという目的を果たした筆者は次なる本来の目的を目指すべく

すぐ近くの「国道」という駅で途中下車したのだ。

 

o0540096013346623301

 

 

 

 

 

駅を降りるとそこは異次元…

昭和の世界へタイムトリップしたような光景であった。

 

 

 

 

 

 

少し不気味さも感じるDEEPな駅にわざわざ途中下車したのには

駅を降りてすぐに見えるこれまたDEEPな居酒屋『国道下』へ行くためであった。

 

 

 

 

 

店構えが渋すぎるのである。

 

o0720096013346623338

 

 

 

筆者みたいな派手目の若造が店を訪れたことによって

店が少しざわめきだしたのである。

 

 

 

 

実はこれ結構なあるあるで

渋いお店に行くと大体注目を浴びるので、もうこの感じはお手の物だ。

 

 

 

 

 

席が満席であったのだが、渋谷区からわざわざ来た旨を伝えると

店主さんは店前に瓶ビールケースを使って特設の席を作ってくれたのだ。

 

 

 

 

 

 

そして優しい常連客さんにオススメを聞いて、マグロ刺しを頂いた。

 

生麦魚河岸から直接仕入れられてるみたいで、美味しかったのを覚えてる。

 

o0800080013346623563

 

 

 

 

 

 

 

それでこれが何と1本50円という超激安の焼き鳥である。

 

 

o0800080013346623544

 

けして50円とは思えない焼き鳥でこちらも美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

これが先程書いた特設の席である。

 

店前にこんな感じの席を作って呑むなんて…

なかなか味わえれない経験であった。

 

o0800080013346623514

 

 

 

 

てな感じで衝撃と楽しい思い出しかない『国道下』であったのだ。

 

 


 

 

時は経ち・・・

そんな『国道下』にまた行きたいと思い、1年越しに訪れることにした。

 

 

 

そして大好きな京急品川駅より、京急線に乗り込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に「国道」駅へ到着。

 

 

懐かしいこの雰囲気…

良かった、『国道下』は今日も元気に営業されてるようだ!!

 

 

 

 

 

 

 

席も空いてるようだったので、早速インした。

 

 

 

 

あの元気なおやっさんも相変わらず大きな声で出迎えてくれて

「1年前にも来たことあるんですよ!」と伝えると

「そうなんだ~。」とあっけなく返された。笑

 

 

 

 

 

覚えてくれてなかったのか……。

 

出だしは悪かったが、1年前と同様店内は多少ざわつき

またしても「何だ、この金髪の若造は!!」と注目を浴びたのだ。

 

しかしそれは悪い意味ではなくて、歓迎のざわつきであった。

 

 

 

 

 

 

1年前と変わらないこの光景、やはりここは「最高」であったのだ。

 

o0720096013716878107

 

 

 

o0720096013716878121

 

 

 

 

 

 

色んな有名人の方も来られてて

今話題の『SMAP』の木村拓哉さんも撮影で来られてたみたいである。

 

o0720096013716878116

 

色々あってバッシングはされてるみたいだが・・・

『国道下』で酒を呑んでる人に悪い人は居ないと勝手に思ってるので・・・

木村さん!挫けずに頑張ってください!!

 

 

 

 

 

 

 

もっと昔で言うと、勝 新太郎さんも来られてたみたいだ。

 

す、すげぇ〜・・・。

 

o0720096013346623381

 

 

 

 

 

 

雑誌でもしっかりと取り上げられている。

 

o0540096013346623423

 

o0540096013346623441

 

漫画でも使われたり、ドラマや映画のロケ地でも利用されてるみたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでまずは生ビールを頼んで、店内を観察する。

この観察の時間で1杯呑みきれたのだ。

 

o0720096013716878119

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず値段が記載してない本日のメニューボード。笑

 

o0720096013716878123

 

 

 

いろいろ誘惑があったが、やはり1年前のあのベストオーダーで挑む事にした。

 

 

 

 

 

 

1年前と何も変わらないマグロ刺し。

 

o0720096013716878127

 

言うまでもなく美味い。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこれまた1年前も頼んだ50円焼き鳥!盛り合わせ!

 

o0960096013716878124

 

 

「焼き鳥の味は甘めかさっぱりどっちにする?」と聞かれて「さっぱり!」と答えたのだが

 

恐らくタレか塩の事を砕いて聞いたのであろう。

 

全部塩で来たのだ。

 

 

 

 

これまた1年前と同じくらいの衝撃で、50円とは思えない美味しさであった。

 

見てのとおり串打ちが実に丁寧である。

 

 

 

 

 

 

 

女将さんも元気そうだ。

 

昔は夜遅くまで営業されてたみたいだが、今は体調が悪くなったせいか・・・

 

o0720096013716878118

 

 

このように19時40分ラストオーダーだ。

 

 

o0720096013716878129

 

 

 

このちょっと怖めの女将さんではあるのだが、実はめちゃくちゃ優しい。

 

 

 

 

 

筆者が蚊に噛まれたのに気づいたらしく、何も言わずにサッとキンカン塗り薬を差し出してくれた。

 

o0720096013716878128

 

 

 

 

 

 

 

そして隣に座ってたこのおばさんがまぁまぁ長い時間絡んで来て、全然面白くない話をずっと聞かされてて・・・

筆者の困惑した表情に気づいてくれたのか

女将さんがこのおばさんをうまくあしらってくれたのだ。

 

o0720096013716878287

 

おばさんごめんさい。

私は酒場ナビの看板を背負ってる以上、このお店をレポしなければいけないのだ。

 

 

おばんさんの飼ってる猫の話なんて全く興味がないのだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

この女将さんがオーナーらしいが、何と言っても名物はやはりこのおやっさんだ。

 

 

 

とにかくふざけてる。

 

たよく女将さんにも怒られてるし、コキだって使われてる。

 

o0960096013716878278

 

 

しかしこのおやっさんが持つ人間性目当てで店に来る常連客も多いはずだ。

 

 

 

 

 

 

綺麗で少し怖い女将さんを射止めたおやっさんは若かりし頃、どうやって口説いたのかなぁ〜。

 

そんな事を思いながら、また来年もこの時期に来ようと思ったのである。

 

 

 

 

 

まだまだ奥が深いぜ、『国道下』。

 

o0720096013716878283

 

 

 

カリスマジュンヤの酒場放浪記

〜国道下編〜(完)

 

 

 

国道下

ジャンル: 焼鳥、居酒屋
最寄り駅: JR鶴見線 国道駅改札口の正面
住所: 神奈川県横浜市鶴見区生麦5-12-14
TEL: 045-503-1078
営業時間: 16:30~20:00
定休日:日曜・祝日

この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-15-45
【出身地】
京都府福知山市
【オススメの酒場】
たぬきや (稲田堤)
【お気に入りの酒】
焼酎ハイボール
【個人SNS】
最新の投稿
はしご酒しませんか?
記事一覧 ≫