篠崎「大林」東京三大癒し酒場 その1

 

 

先日松本さんからLINEが入った

 

 

「仕事で東京行くから どっかええ店連れてってーや」

 

 

 

松本さんというのは

以前の記事

新開地 赤ひげ 松本さんの天ぷらの食べ方をやってみた

で書かせて頂いた

僕の酒場巡りの師匠のことだ

 

 

どっかええ店つれてってーや

 

 

短い文だがなかなか重い内容だ・・・

 

今は大阪在住の松本さんだが

以前は東京にも住まれていたことがある

当然東京の酒場には詳しい

 

僕に連れていけと頼まなくても

馴染みの店は沢山あるだろう

 

それなのに

あえてこの言い回し・・・

 

 

言い換えると・・・

 

 

おい 何や調子乗って酒場ナビなんて風呂敷広げてるみたいやなー

ほんなら俺を満足させてくれる居心地のいい店連れてってもらおうやないかい

当然 俺の知らん店で

 

 

という意味なのである

 

 

悩む・・・

 

観光地化してるような

置きにいった店

なんかいったら鼻で笑われてしまう

 

 

どうしようか・・・

 

 

 

そうやっ!!

あそこならっ!!

 

 

 

 

1488737224362

 

 

 

都営新宿線の瑞江駅を出たところで

松本さんと待ち合わせ

そっからバスで揺られること20分

大林(おおばやし)

に やってきた

 

 

ここは僕が

酒場ナビのプロフィールにも載せているくらい

オススメの酒場である

 

 

 

 

1488737226162

 

 

松本さんは

 

「店先に自転車が沢山ある店は 地元の人らに愛されてる証拠やな」

 

と 楽しみや感を出してくれている

 

 

僕は もうこの時点で

今日の酒場ナビの成功を確信し

 

「松本さん どうぞ」

 

と あたかも新築の自宅に招くかのように

暖簾を押した

 

 

 

 

 

 

店内は

コの字カウンターのみ

 

そこに

地元の常連さんがうじゃうじゃ

 

 

 

 

 

 

「あっ ちょっと詰めるからー ここ二人座れるよー」

 

 

こう言って下さったのは

お客さんの先輩だ

 

 

嬉しい・・・

 

 

常連ばっかりの名店にありがちな

よそ者来やがった感など

ここには無い

 

 

入店5秒で居心地がいい・・・

 

 

 

1488737171236

 

 

 

短冊のメニューの数と

安さにゾクゾクする

 

 

あなごの天ぷら 350円

トマトフライ 300円

かつとじ煮 450円

いわしつみれじる 350円 

 

 

嗚呼・・・

全種類頼みたい・・・ 

 

 

 

 

 

 

カツカレー 400円

ぞうに 300円

ソーメン 350円

なべやきそば 400円

などもそそられて仕方がない

 

 

この店の為だけに

この街に引っ越してやろうか

なんて考えがよぎる

 

 

 

 

 

 

 

まずは瓶ビールを貰い

久々の再会に乾杯

 

松本さんは

 

「この名前の付けようのないお通しも旨いなぁ」

 

と トローンとした顔で囁いてらっしゃる

 

 

 

師匠・・・

もう大林にメロベロですか・・・

 

 

 

 

1488737181371

 

 

 

イワシの刺身と煮込みを頼んだ

チョイスしたのは松本さん

 

この写真でおわかり頂けるだろうか

350円で凄い量だ

大きめのイワシを2匹分捌いてくれてるみたいだ

 

 

これ めっちゃ旨いし量ありますねー」

 

と 僕が松本さんに言うと

 

 

「大衆酒場のイワシとチャンスの時の福留は裏切らへんからなー」

 

 

と 店内に響き渡るぐらいの声で

オモロイこと言ってまっせ感で仰った・・・

 

 

 

 

師匠・・・

ここ東京です・・・

 

 

 

1488737180012

 

 

 

煮込みは酒がススむしょっぱい味付けだ

 

松本さんは

 

「ほう・・ この味は後半役立つなぁ・・」

 

と 意味不明のことを呟いてらっしゃる・・・

 

 

 

 

 

 

ここで呑みモノをハイボールにチェンジ

大林の焼酎ハイボールは

の2種類

 

上の写真は赤なのだが

頼むと

ジョッキと炭酸の瓶と

ご覧の色の焼酎がカウンターに置かれる

 

白はこれが透明の焼酎って塩梅だ

 

 

 

 

 

 

ここで松本さんが

赤の原液に異常なまでの興味を持ち始めた

 

 

 

「お母はん その原液ちょっと見してくれまへんかー」

 

 

 

師匠・・・

ここ東京です・・・

忙しいお母サマにそんなガサツなお願い・・・

 

 

お母サマは・・・

 

 

 

 

 

「はーいー ちょっとまってねー こんなんですけどー」

 

 

お母サマ・・・

優しすぎます・・・

メロベロです・・・

 

 

 

 

 

 

「天羽の梅は知ってるけどカンダハイボールって初めて見たわー」

 

確かに僕もこれを見るのは初めてだ

 

「お母さん これ原液やんなー」

「はいー」

「なんでアルコール入ってんのー?」

 

 

 

1488737195629

 

 

 

どうやら松本さんは

瓶から直接コップに注がれた

アルコールが入ってることが解せないらしい・・・

 

 

お母サマは・・・

 

 

「濃い目の焼酎と混ぜて また瓶に戻してるんですよー」

 

 

と 包み隠さず教えれ下さった・・・

 

 

お母サマ・・・

優しすぎます・・・

好きです・・・

 

 

 

1488737234988

1488737191904

 

 

 

あなごの天ぷらとトマトフライも貰った

 

天ぷらは大根おろしと醤油で

フライは中濃ソースで食べている僕を

あざ笑うかのように

松本さんが見ている・・・

 

 

はてっ??

 

 

と 思った次の瞬間

松本さんは

両方の揚げ物を

 

先程のしょっぱめの煮込みの汁に浸けて

食べ始めた

 

 

 

「俺 ダシ使いやからなぁ・・・」

 

 

 

 

師匠・・・

アンタいちいちカッコイイですね・・・

 

 

 

1488737197208

 

 

そこに

小学校2年生ぐらいの男の子が

店内に入ってきた

 

 

大衆酒場に小学生の男の子が一人で・・・

何故・・・

その違和感を解消してくれる言葉が

店内中に飛び交った

 

 

「おかえりーー」

「おかえり坊ちゃん」

「よっ!! 三代目」

 

 

どうやら

男の子は先のお母サマのお孫さんらしい

 

 

先輩方の声が止まらない

 

「三代目頼むよー この店継いでくれよー」

「何言ってんだよ 三代目が継ぐ頃オメエさん生きてねえじゃねかよ」

「ウルセー 意地でも生きてやるよー」

「三代目 あの世に煮込み届けてやってよー」

「いいねー ここの煮込みは冷めても旨えからな  ってバカヤロー」

 

 

 

嗚呼・・・

ずっと居れるわー

 

 

 

1488737198794

 

 

 

 

大林の勘定の計算は

お母サマがチョークを使い分け

チェックなさってる・・・

 

この計算方法も

何代目になっても変らないでいてほしいものだ・・・

 

 

 

 

 

 

「ごめんなさいねー 騒がしい店で また来てくださいね」

 

お母サマのその言葉に松本さんは

 

「店出た瞬間また入ってくるんで この席予約してもらってていいでっか?」

 

 

ご満悦な師匠と大林を後にした・・・

 

 

 

 

帰りのバスの中で

師匠に聞いてみた

 

 

「大林どうでした?」

「カレーのルーだけ頼むって出来るかなぁ イワシフライと絡めてみたいわぁ・・・」

 

 

 

 

 

篠崎 大林

東京三大癒し酒場の一つにさせて頂きます

残り二つは近日中に

 

 

1481193627179

 

 

 

大林(おおばやし)

ジャンル: 居酒屋
最寄り駅: 篠崎駅から1,178m
住所: 東京都江戸川区下篠崎町10-10
TEL: 03-3676-4983
営業時間: 17:00~23:00
定休日: 木曜

この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-10-16
【出身地】
兵庫県西宮市
【オススメの酒場】
大林(篠崎)
【お気に入りの酒】
ホッピー
【個人SNS】
最新の投稿
はしご酒しませんか?