%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1467084038016
神楽坂「龍朋のチャーハン」 シメを求めてハシゴ酒

 

 

お茶漬けをサラサラーー

ラーメンをズルズルーー

卵かけご飯をジュルジュルーー

 

 

 

いやぁ 

呑みのシメの炭水化物って旨いっスよねぇ

 

 

 

呑みながらそれなりに食べてるのに・・・

 

ツマミといいながら 

焼きうどん 鉄火巻き パン付きの煮込みとか食べてるのに・・・

 

 

さぁ 

そろそろお開きか 

なんて時に襲ってくる食欲・・・

 

 

なんなら呑みの7合目ぐらいから

 

この後何食べようかな・・・

 

なんて考えてる時もしばしばだ

 

 

ベロベロの状態でとんこつラーメン屋に飛び込み

 

「ラーメンねぎトッピング粉おとしで下さい」

 

酔いからの勢いで

卓上のにんにくなんかもガバガバ入れて

 

ズルズルズルーー

 

満腹中枢がおかしくなってるので

 

「替え玉粉落としで下さい」

 

ズルズルズルーー

 

 

翌朝

寝起きで胸焼け

 

「あー またやってもうたー」

 

後悔の繰り返し・・・

 

 

後悔するならやめればいいのだが

そんな訳にはいかない

 

なぜなら旨いから

 

 

あの瞬間は明日のことなど考えることもなく

目の前の幸せに没頭している

 

この瞬間の為に生きているといえば

言いすぎかもだが

とにかく幸せだ

 

 

 

 

 

 

・・・ということで

 

 

今回は最高のシメを求めて

ハシゴ酒をやってみることにしました

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471950257024

 

 

 

 

降り立った駅は飯田橋

 

ここから2軒いって

シメの店に行くという寸法だ

 

 

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949232818

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949246040

 

 

 

1軒目は杉山商店

酒屋さんで飲めるいわゆる

角打ち

 

 

 

 

 

 

店の前で写真を撮っていると

中から店主らしきオヤジさんがで出てきて

 

 

 

「何やってんだーー!!」

 

 

怒られたっ!!

僕は咄嗟に

 

 

「いや 店構えが素晴らしすぎて絵葉書にしようかと思いまして・・」

 

 

など馬鹿な事を言ってしまった

 

するとオヤジさんは

 

「え~ ウチを絵葉書に~ 嬉しいこと言ってくれるね~」

 

オヤジさん 簡単なお人だ

 

 

 

「飲んでっていいですか」

「どうぞどうぞ いらっしゃいませ~」

 

 

 

 

お酒売り場に

隣接してテーブルがあり

先輩方がご満悦中

 

 

奥にはちょっとした調理スペースが有り

簡単なおつまみなら

作ってくれるみたいだ

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949310930

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949316729

 

 

生ビールもあるのか・・

 

「すいません スーパードライとソーセージ下さい」

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949340491

 

 

グラスビールとサービスの柿の種

 

今日の1杯目なので

ほぼ一息で飲み干した

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949739730

 

 

 

少ししてソーセージ到着

 

しっかりボイルされていて旨いッ!!

 

 

先輩方はやはり角打ち

スナック菓子をつまんでらっしゃる方が多い

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949488878

 

 

 

 

僕もと

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949993480

 

 

焼酎ハイボール500缶と

カールを追加

 

 

これでまぁまぁ酔っぱらえた

 

 

 

後もあることだし これでお暇しようとしたら

オヤジさんが

 

「お兄ちゃん もう帰んの もっと飲んでいきなよー」

「えー そうですかー」

 

 

実は陳列されてる

ミニどん兵衛きつねうどんが気になっていた

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949369956

 

 

 

「じゃあこれにお湯入れてもらってもいいですか?」

「ウチはお湯はないよー」

「そうですか・・・ 今日は帰ります・・・」

 

 

 

オヤジさん また来ます

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471949908241

 

 

 

 

杉山商店を後にし

歩くこと20分

 

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947185746

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947206121

 

 

 

 

2軒目は神楽坂の

カド

 

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471948467117

 

 

 

 

古民家で割烹料理を出す

いかにも神楽坂っぽく

敷居の高そうな店だが

実はこの店は土間で

 

立ち飲み

 

をやっているのだ

 

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947335348

 

 

 

土間は

お洒落な雰囲気が漂っている

 

先客はゼロ

きちゃない店ばっかり行ってる

サカバーにはちと落ち着かない

 

 

入って右側を見ると・・・

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947431351

 

あっ! 椅子やっ!

 

1軒目も立ちで坂を上がってきたこともあり

若干の疲労感

 

遠慮なく座らせてもらう

 

 

また喉も乾いたし

ビールを注文

 

ハムカツも一緒に頼む

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947371430

 

 

 

 

ビールをすすりながら

目の前の本の並びを見てみる

 

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471948140273

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947506103

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947787591

 

 

 

 

 

酒や食にまつわる本ばっかりだ

 

店主さん 

分かってらっしゃる・・・

 

 

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947651335

 

 

ビールがなくなったが

ハムカツが残っているのでおかわりを

 

ここで我々サカバーの

口癖を出してみる

 

「ウーロンハイ下さい すいません 焼酎濃い目でお願いします」

 

ここで嫌な返しは

 

「ウチ濃い目とかできないんですよ」

「濃いめは200円増しになりますけど」

 

などだがカドはどうだろう・・・

 

 

 

「濃い目ですか かしこまりましたー」

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471948055954

 

 

 

カド・・

いい店だ・・

 

また来ます

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471947198084

 

 

 

カドを後にし歩くこと5分

今回の目的の店 

神楽坂の中華料理屋

 

龍朋

にたどり着いた

 

 

 

 

 

神楽坂といっても龍朋は

ただのアットホームな街中華だ

値段も高くない

 

 

何故この店をチョイスしたかというと

 

僕は世界中のチャーハンの中で

ここのチャーハンが一番好きだからだ

 

昼に何回か来て虜になっているが

呑みのシメに食べるのは初めてだ

 

酒で満腹中枢がおかしくなっている僕に

未体験の幸せを

プレゼントしてやろうという魂胆だ

 

 

ワクワクしながら扉を開いた・・・

 

 

 

 

店内はすべてテーブル席

 

2人掛け4人掛け6人掛けがいくつかあり

キャパ30人ぐらいだ

 

 

22時ぐらいだがほぼ満席状態

 

店員のお姉サマ方の

元気のいい声が飛び交う

 

 

それなりに酔っ払っているが

もうちょい呑めそうだ

 

 

仕上げをしとくか・・・

 

 

「すいません チャーシューとかまぼこの辛子和えとお酒下さい」

 

 

お姉サマは明るい声で

 

 

「はーいー お酒は純米?大吟醸?」

「じゃあ 大吟醸下さい」

「えっ ホントに?」

「はいっ それでお願いします」

 

 

 

・・・実はこれが失敗だった

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471951153215

 

 

 

「はーい お酒どうぞー」

 

お姉サマがテーブルで

一升瓶から注いで下さる

 

ちょっと舐めてみると

 

旨いっ!!

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1471951218702

 

 

パンチの強い力強い味

味の濃いチャーシューを頬張り

それを流し込むと

もう口の中で

天竜源一郎長州力

ケンカしているかのようだ(いい意味で)

 

 

これはいいフィナーレが迎えれそうだ

 

上機嫌で仕上げにかかっている僕の目に

なかなか

の情報が飛び込んできた

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1472094478814

 

 

 

えーーーーーーー!!

だっ だっ 大吟醸1600えーーーん!!

高っーーーーーー!!

 

 

 

コップ1杯1600円なんて飲み物 

僕の人生でぶっちぎりの最高額だ

 

街中華のコップ酒なんて

高くても700円ぐらいやろと決め付けていた

 

 

やってしまった・・・

 

 

 

 

 

正直そこからは

味もあんまりわからなくなった・・・

 

 

財布の中身を確認し

 

足りるかなっ!!

チャーハンが770円でっ えっとビールで流し込みたいし 

あっ ギリギリ足りるっ!!

 

 

明らかに動揺している

 

店員のお姉サマには

 

おやまぁ ヒヨっ子が大吟醸なんかたのんでいるよ

大丈夫なのかねぇ

あらあら 値段確認して震えちゃってるよ

ざまあないねぇ 

アンタなんか風呂の残り湯でも飲んでんのがお似合いさぁ

 

ぐらい思われてるような気がしてならない

 

 

無味無臭の液体をアタフタしながら飲み干し

震える唇で

 

 

「ビールとチャーハンくらさいっ!!」

 

 

金は足りる 落ち着こう 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1472094683438

 

 

 

本日の主役到着

 

気持ちを落ち着かせシメに入る

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1467083831758

 

具は卵とネギとチャーシューと

シンプル極まりない

 

だがこれが凄い!!

 

海原雄山に作らせたら

こうなるのではないだろうかと思うほどの逸品だ!!

 

 

 

龍朋のチャーハンの好きなところは

まず食感

 

 

固めに炊かれた米の一粒一粒が

主役のように主張している

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1467084079692

 

 

 

パラパラとシットリのちょうど中間

 

 

 

%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FSilentCameraSoft%2F1467084038016

 

 

そしてチャーシューが

 

 

デカイっ多いっ!!

 

 

7・8ミリ角のチャーシューが

持ち上げたどのレンゲにもひしめきあっている

 

チャーシューの通勤ラッシュやーである

 

チャーシューを作るときの煮汁と

コショーで整えた味がちょうどいい

 

こいつを一気に掻き込み

ビールで流し込んだ

 

 

 

旨いっ!!

 

 

 

 

 

 

ただ・・・

 

 

 

 

大吟醸騒ぎで

すっかり酔いがさめた状態

 

 

あのベロベロで食べる幸せとは

全く別の結末

 

 

 

ってことは・・・

 

 

 

今回は失敗かな・・・

 

 

 

 

 

お姉サマ方

 

次来た時も大吟醸頼みますんで

 

その時は

 

ちょっとでいいんです・・・

 

ホストクラブのドンペリコール的なモノ

 

頂けませんかねぇ

 

 

 

 

 

龍朋

ジャンル: 中華料理、中華麺(その他)
最寄り駅: 東京メトロ東西線 神楽坂駅 徒歩1分
住所: 東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1
TEL: 03-3267-6917
営業時間: [月~金]11:00~23:00[土]11:00~22:00
定休日: 日曜日

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-10-16
【出身地】
兵庫県西宮市
【オススメの酒場】
大林(篠崎)
【お気に入りの酒】
ホッピー
【個人SNS】
最新の投稿





都道府県別でもっと探す ≫
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ