IMG-9617
牧志(沖縄)「大衆串揚酒場 足立屋」これが沖縄のモーニングセットだっ!!!

 

11月中旬某日。

 

筆者(カリスマジュンヤ)は完全ノープランで南の島沖縄へやって来た。

 

特に大きな理由などなく、11月中旬に入った今尚、単純にまだ夏を終わらせたくないという衝動がこのような行動に現れたのだ。

 

まずは牧志「第一公設市場」近くにある「BAJO」へ挨拶がてらに立ち寄った。

酒場ナビでは今回で4度目となる最多出演を誇るあの「伊藤さん」のお店だ。

(「BAJO」の記事はこちらから)

 

IMG_9584

 

 

サプライズ来沖にも動揺せずに、伊藤さんの口からは「今日は呑むか」と男気発言が放たれたのであった。

 

IMG_9591

 

 

相変わらず、公設市場近辺の酒場ではこの「センベロ」の文字がどこでも見られる。

 

IMG_9587

 

 

「宮古島から来たさぁ~」

「あたしは座間味出身さぁ~」

 

狭い店内にはそんな沖縄レディたちが夜な夜な集結し、初対面だろうが関係なく

「BAJO」での沖縄ver『酒ゴング』が毎晩行われるのだ。

 

IMG_9590

 

IMG_9588

 

 

仕事を切り上げた伊藤さんは

「ジュンヤ君を連れていきたいところがある。そこを知らずにして沖縄を語る事は出来ない!!」

と言われるがまま、我々は以前筆者が酒場ナビで記事にもした沖縄のディープタウン「栄町市場」へ夜な夜な向かったのだ。

(栄町市場での記事はこちらから)

 

IMG_9597

 

 

怪しいビルの階段を慣れた足取りで駆け上がる伊藤さん・・・

「おいでおいで」が少し不気味に見え、持前の『酒場センサーがこの時異常反応を起こしてたのも事実だった。

 

IMG_9599

 

 

店内は独特の異様な雰囲気・・・

あとから思うと酒場センサーは沖縄でも正常運転だったと言えるだろう。

 

IMG_9602

 

『酒は太平洋 女は神様』

 

そう壁に大きくかかれたこの言葉は一体誰が考え、どう言う意味なのであろうか。

この言葉を考えた方にこの言葉が持つ意味を聞いてみたいところだ。

 

とにかくこの緊張を和らげる為に、泡盛を早く呑みたかったのだが

注文を伺いに来られた店員さんもやはり少し様子がおかしい。

 

IMG_9606

 

夢でも見てるのか?

 

ここは一体何なんだ!?

 

 

その不安をかき消すかのように残波をハイペースで吞んだ。

 

IMG_0610

 

 

気づけば伊藤さん、筆者、この店のボスである「春ちゃん」(ゴリゴリのゲイらしい)の3人で

名言をバックに仲良く記念撮影をしていた。

 

IMG_9610

 

結果的に言うと、ここは歌声酒場 春ちゃん という酒場で

ここらでは有名なやり手のゲイ「春ちゃん」が経営するカラオケ酒場との事だった。

 

 

伊藤さん・・・

沖縄に着いてまだ1時間くらいなのに、1軒目からパンチ力がすごいぜ・・・

 

 

上機嫌な伊藤さんは次に「いきつけの面白いおっさんが居るBARがあるからそこへ行こう!」と次の酒場へ案内してくれた。

 

IMG_9614

 

 

店内へ入ると、やはりここでも持前の酒場センサーが異常反応を起こす。

 

たしかにこの店員のおっちゃんトークがかなり面白いのだが、言葉使いが気になる・・・

 

 

このおっちゃんもゴリゴリのゲイやっ!!!!

 

 

入店してから伊藤さんから聞いたのだが、この店はBAR A-Zという正真正銘ゲイバーとの事だ。

 

まさかのゲイ酒場ハシゴ酒を選んだ伊藤さんを少し疑ったが、これが沖縄の洗礼なのであろうか。

 

時刻はこの時点で深夜4時。

伊藤さんの口から「朝6時になったら開く店あるから、6時まで頑張って吞もう!」と全力のお出迎えに筆者は本気の愛を感じたは言うまでもない。

 

 

結局朝6時まで

「お気に入りのローションはこれだ」

「私はこう見えて、ネコだ」

「オリジナルのコンドームをプレゼントするわ」

ゲイのおっちゃんである「タモツさん」と全力ゲイトークに華を咲かせたのであった・・・

 

IMG_0606

 

 

ちなみにこちらがタモツさんから頂いた見たことないパッケージのコンドームである。

 

IMG_0672

 

 

 

さんぴん茶ハイでテンションが”ハイ”になった筆者は、加速を緩める事はなく

朝6時を迎え、目的の酒場へ向かうべく、公設市場まで戻る事にした。

 

IMG-0605

 

 

 

朝6時・・・

 

「大衆串揚酒場 足立屋」

 

 

本当に朝6時からオープンしていて、しかもびっくりだったのが

開店と同時にすぐにほぼ満席になったのだ。

 

 

そして皆さんが当たり前のように頼んでるセットが朝6時から10時まで限定モーニングセット(お酒2杯₊めざし)なのだが

その値段はなんと500円なのである。

 

IMG_0609

 

モーニングセットの貼り紙の横に手書きで「希望」と書かれた貼り紙も、壁に乱雑に書かれた落書きも

雰囲気があって酔い。

 

 

本来ならお酒2杯とめざしの500円モーニングセットなのだが、常連の伊藤さんが店員さんに

「めざしじゃなくて、磯辺揚げがいい~~~!」とお願いしてくれたので、磯辺揚げを出して頂いた。

この緩さもやはり沖縄らしくて酔い。

 

IMG_9620

 

 

朝6時に酎ハイで酒ゴングを鳴らしてると、筆者の隣席に見覚えのある人が現れた。

 

 

 

 

 

さっき行った栄町市場「歌声酒場 春ちゃん」の店員さんやっ!!!

 

 

IMG-9617

 

 

どうやら仕事終わりで来られたみたいなのだが・・・

明るい所で見るとやはりこのアフロヘア―のパンチ力は凄まじいものだ。

 

IMG_9628

 

 

良くみると奥の席にもアフロヘア―の方がいらっしゃるのだが、朝6時の酒場でアフロヘアーの方が二人も同じカウンターに座る確率って一体何パーセントなんだろうか・・・

 

 

 

アフロさんと盛り上がりを見せる中、隣では伊藤さんが遂に体力を使い切り、眠りに陥ったのであった。

 

昼から働いてらっしゃったのだから、無理もない。

 

IMG_9626

 

 

追加注文で「もつ煮込み」。

 

IMG_E9625

 

いつも東京下町で食べるもつ煮込みと変わらない本格派のもつ煮込みであった。

 

 

 

 

アフロヘア―がトレンドマークのこのお姉さんは「アフロ真理子」さんという方みたいなので

沖縄で見かけた際は「アフロ真理子さんや!」と声をかけてあげてください。

(※注:ただし会話中、アフロヘア―をガン見してはいけません。アフロ真理子さんの機嫌が悪くなります)

 

IMG-0444

 

 

 

幸せそうにまだ眠る伊藤さんを、アフロ真理子さんにゆだね

次の目的地へ向かうべく、足立屋をあとにした。

 

IMG_9630

 

 

 


 

 

足立屋をあとにした筆者はその足で「泊ふ頭旅客ターミナルビル「とまりん」」へ向かい

朝10時の便の「フェリーとかしき」に乗船し、「渡嘉敷島」へ出航した。

 

IMG_9631

 

 

 

 

11月中旬で天気が曇りというものあってか、渡嘉敷島は以前来た時よりも人気が少なく寂しい感じだった。

 

IMG_9637

 

 

 

IMG_9649

 

 

 

渡嘉敷島の海と自然とカリスマジュンヤを写真でどうぞ。

 

IMG_9650

 

 

IMG_9669

 

 

IMG_9732

 

 

IMG_9740

 

 

IMG_9737

 

 

IMG_9752

 

 

IMG_9767

 

 

IMG_9756

 

 

IMG_9773

 

 

IMG_9775

 

 

IMG_9781

 

 

 

 

 

IMG_9783

 

 

帰りの最終便を待つ間に一人で渡嘉敷の海を見ながら港で呑んだ、シークワーサー焼酎ハイボールと沖縄ソーセージ「ポチギ」の味は一生忘れないであろう。

 

 

 

 

まだまだ「沖縄出張酒場ナビ」は続く・・・

 

 

 

大衆串揚酒場 足立屋(たいしゅうくしあげさかば あだちや)

ジャンル: 立ち飲み居酒屋、串揚げ・串かつ、居酒屋
最寄り駅: 牧志
住所: 沖縄県那覇市松尾2-10-20 1F
TEL: 098-869-8040
営業時間: 6:00~22:00
定休日: 無休

はてなブックマーク
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-15-45
【出身地】
京都府福知山市
【オススメの酒場】
たぬきや (稲田堤)
【お気に入りの酒】
焼酎ハイボール
【個人SNS】
最近の記事
探す
最新の検索ワード
三大酒場シリーズ
企画酒場
ランキング
SNS
Instagram
インスタ映えな酒場写真
カリスマジュンヤの酒場deshot!!
酒場でツーショット撮影