img_20161217_184554
アメリカ村「ニューライト」 一番高い3600円のビフテキを頼んでみた

 

 

 

「えっ? ながたくん この店シブ過ぎるやんっ!!」

 

「イカやん セイロンライス頼んでみ 旨いで」

 

 

 

 

・・・23年前

 

僕を  洋食屋ニューライトに連れていってくれたのは

 

お笑いの養成所で同期のながたくんだった

 

 

 

2つ年上で 

しかもアメ村の古着屋でバイトしており

僕にとっては同期ながら

カッコイイお兄ちゃんみたいな存在だった

 

 

 

 

「わっ!! なにこれっ!! カレーのおじやに生卵のってるやん!!」

 

「アメ村の人間はみんなこれ食うてんねん」

 

「そういや ながたくん無国籍百貨(古着屋のビル)でバイトしてるんやんなぁ」

 

「せやで」

 

「ええなぁ 羨ましいなぁ」

 

 

 

程なくして

僕もアメ村のスタークという古着屋でバイトし始めるのだが

それは ながたくんの影響をモロに受けていたからだと思う

 

 

ちなみにその店では

番番 新宿三大酒場その1

の タケちゃんも一緒に働いていた

 

 

スタークには2年ぐらい居たのだが

その間

週3ぐらいでニューライトに通っていた

 

 

 

 

 

ほとんどのメニューは食べたと思う・・・

 

 

 

1つのメニューを除いては・・・

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479710959121

 

 

東京駅から新幹線で新大阪へ

新大阪から地下鉄御堂筋線で心斎橋へ

 

アメ村

にやってきた

 

目的は そう

ニューライトの

宿題

を やっつける為だ

 

 

 

三角公園横の甲賀流たこやきが

おかえり

と 言ってくれてる感じで

郷愁を味わう

 

 

 

img_20161121_163354

 

 

 

 

いかにも大阪っぽい

シャッターを通り過ぎ・・・

 

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711197639

 

 

 

出たっ!!

ニューライト!!

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711208251

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711216233

 

 

 

この洋食屋とは思えない外観・・・

 

あの頃よりいい意味で

ヒドく

なっている

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711226623

 

 

 

入ってみると・・・

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711283354

 

 

 

お父さんが座ったままお出迎え

 

 

お父さん

ご無沙汰しております・・・

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711271554

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711276862

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479712415764

 

 

 

店内はサインが飾られてる以外は

あの頃のまんまだ

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711288958

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479712621701

 

 

 

現役バリバリの黒電話

 

黒電話の音って好きやー

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711350016

 

 

 

とりあえずビールで喉を掃除して・・・

 

メニューを確認する

 

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711633233

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479712343513

 

 

 

チキンライス 他人丼などの文字が

関西らしさを主張する

 

ちなみにイタリアンというメニューは

東京で言うナポリタンのこと

 

 

当時よりちょっと値上がりはしているが

ラーメン370円など

大衆すぎる値段設定だ

 

 

 

 

その中に一際異彩を放つ

 

 

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479712295713

 

 

あった!!

 

 

ビフテキ3600円!!

 

 

僕はこのメニューを食べたこともなければ

食べている人を見たこともない

 

 

ずっと気になっていたメニューだ・・・

 

 

 

当時

 

ニューライトで3000円もするビフテキ誰が頼むねん

 

と 思っていたが

今は逆に

 

これを頼むのは僕しかいない

 

と いきり立っている!!

 

 

 

「すいませーん!!」

 

注文を取りに来たお母さんに・・・

 

 

「ビフテキ下さい!!」

 

 

ドヤ顔ドヤ声で言い放った!!

 

 

お母さん・・・

ビックリして震えてないかい

 

 

と 心で呟きながらお母さんのセリフを待つと・・・

 

 

 

 

「あー ビフテキないねん」

「えっ!!」

「テキの肉の業者が潰れてもうてなぁ 仕入れられへんねん」

「えー 他の業者さんやったらあかんのすか?」

「あかんねん」

「スーパーの肉とかやったらダメなんですか」

「あかんねん ないねん」

 

 

 

 

 

・・・無念

どうやら宿題はやっつけられそうにないみたいだ・・・

 

気になっていて行きたい店が

突然閉店してしまって

後悔してしまう時のように

メニューも気になったらできるだけ早く

やっつけなければダメなんだなと

勉強させられた・・・

 

 

こうなったらシフトチェンジだ!!

僕が大好きだったメニューを頼むことにしよう

 

 

「ラーメン焼きめしセット カツのせで下さい」

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711996019

 

 

 

 

これが当時

僕が愛でて愛でて止まなかった

ラーメン焼きめしセットカツのせだ!!

 

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711711632

 

 

 

ニューライトの焼きめしはシンプル極まりない

 

なんというか

いつもは料理をしない父親が

休日に

 

「今日は俺が昼飯作ったるわ」

 

と言って出来上がったような

いい意味での

雑さ

が嬉しい

 

黒コショーの風味が食欲をそそる

 

 

そこに乗っかるカツもまたいい

極薄の豚肉にラードの香りの強い衣をまとい

懐かしい

と思わせてくれるトンカツだ

 

 

僕はこの薄いトンカツが大好きだっ!!

 

 

彼女が出来たら

このトンカツで

ビキニの水着を作り

彼女に着せて

浜辺で写真を撮るのが

僕の夢だ・・・

 

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479711967437

 

 

ラーメンもまたいい

 

昔のサービスエリアや

スーパーのフードコーナーで出てくるような

控えめ

なヤツだ

 

 

プールに行って

遊び疲れた体に

プールサイドでブチ込めば

最強の力を発揮するヤツといえば

わかりやすいか

 

 

ただニューライトのラーメンはそこに

なんだろうか

化学調味料一辺倒の味ではなく

ちょっと

を感じさせてくれる

 

 

関西独特の昆布だしが入ってるんじゃないかと

僕は見てる

 

 

このスープ旨すぎる・・・

 

 

仮に雨がこのスープだったら

僕は口を開けながら

ずっと上を向いて歩くだろう

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479712032204

 

 

昔は300円ぐらいだったので

味噌汁感覚でこのラーメンを頼んで

たいして味わってもいなかったのだが

この年になって

コイツの魅力に気付かされた

 

 

まぁ 

味覚は記憶

ってことが大きいのだろうが・・・

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479712201781

 

 

 

お母さんが近くに座られた

 

いつもお父さんと大声でケンカしていたのが

ニューライトのもう一つの名物だったが

今日はおとなしい・・・

 

揉め事がないのか

それとも月日の流れか・・・

 

 

 

「お母さん アメ村ずいぶん変わりましたね」

「せやねん」

「古着屋ほとんどなくなりましたね」

「でもな 今はミュージシャンのお客さん多なってん」

「そうなんですか」

「アタシもクラブに招待してもらってよく見に行くねん」

「マジすかっ!! 元気っすねー!!」

「せやろ 老けてるヒマないねん」

 

 

 

 

あははっ!!

ちょっとお年を召されたかなと思っていたが

めちゃめちゃ元気やないかいっ!!

 

 

お母さんの

イケイケ

な感じが妙に嬉しかった・・・

 

 

 

 

ニューライトには後継もいらっしゃる

味もしっかり受け継いでらっしゃる

この感じだと

あと100年はやってくれそうな気がする・・・

 

 

 

安心してお会計をした・・・

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479712197113

 

 

帰り際お母さんが仰った

 

「お兄ちゃん ショウザンビル(古着屋のビル)はまだやってんでー」

「ホンマですか 見に行ってみますわー」

 

そう言ってニューライトを後にした・・・

 

 

 

20161121_163125

 

 

 

大阪の皆様

ニューライトでビフテキが復活したら教えて下さいませ・・・

 

 

 

 

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479713835140

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479713801059

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479713743327

%2fstorage%2femulated%2f0%2fsilentcamerasoft%2f1479713784000

 

 

ちなみに・・・

一生アメ村に居続けると思っていた

ながたくんは

なんと今は百貨店で働いている

 

 

またシブい店教えてなー

 

 

 

img_20161213_074544-1

 

 

 

ニューライト(にゅーらいと)

ジャンル: カレー(その他)、洋食、中華料理
最寄り駅: なんば駅(大阪市営)から273m
住所: 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-16-13 宝泉ビル 1F
TEL: 06-6211-0720
営業時間: 11:00~21:00(ラスト20:30) 11:00~20:00(祝日)
定休日: 不定休(日曜休業がよくあり)

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-10-16
【出身地】
兵庫県西宮市
【オススメの酒場】
大林(篠崎)
【お気に入りの酒】
ホッピー
【個人SNS】
最新の投稿





都道府県別でもっと探す ≫
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ