南千住「きぬ川」 魔法の言葉

 

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468623272647

 

「お前なにガン飛ばしてんだよ!!」

「えっ いや違います 知り合いに似てたもんで」

「なんだと なめてんのかよ」

「いや すいません」

「ちょっと こっち来いよ」

「まぁまぁまぁ ホントすいません」

「逃げようとすんじゃねぇよ」

「まぁまぁまぁまぁまぁーーー」

 

 

 

 

 

「もう終電もないし俺ん家おいでや」

「えー 絶対なんかするでしょー」

「なんもせへんて まぁまぁまぁ」

「えーー」

「まぁまぁまぁ チワワおるで」

「えーーー 明日朝早いしー」

「まぁまぁまぁまぁまぁーーー」

 

 

 

皆様もよくお使いだろう

「まぁまぁまぁ」

という言葉

 

ピンチを回避したり女の子を口説いたりできる

「魔法の言葉」だ

 

意味的には・・・

 

ここはひとつ

納得しといてくれませんか

 

ってな感じか

 

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468623308613

「きぬ川」という大衆食堂にやってきた

 

 

ご存知の方も多いだろうがここは

漫画「孤独のグルメ」の第一話のモデルになった店だ

 

 

朝しかやってないという情報を元に

6時に南千住に到着

一軒寄った後「きぬ川」に足を運んだ

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468619795260

やってる!!

ちょっとドキドキしながら暖簾を押した

 

 

 

テーブルが4つの小さな店だ

先客は3人

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620641790

独特の雰囲気をかもし出した方々だ

ここは

 

「特殊先輩」

 

とでも言っておこうか

 

テーブルは4つのうち3つは四人掛けなのだが

 

そのうちのひとつにおかずのたくさん入ったショーケースが置いてある

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620697544

「おかずの入ったショーケース」

 

好きやーー

ここの中から好きなモンをいくつでも食べていいのだ

眺めているだけで幸せだ

ポケット詰め込んでこのまま連れ去りたい

 

 

 

 

その横に特殊先輩が座り食事中

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620648660

 

 

先輩!! 特等席ですね

 

 

 

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620634499

ホールを切り盛りするのは

70代と50代と思われるお姉サマが二人

厨房には若手っぽい(40代)男性がいる模様

 

 

70代の大オネエは

客が入ってきてもお喋りに夢中でほったらかし

かと思えば

いきなり食事中の客の席の下を掃き掃除するわ

自由すぎる

 

 

早速ビールを注文

大オネエがもって来てくれた

 

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468619925588

ラガーの大瓶だ

 

喉をビールで掃除して改めて店内を見渡す

 

 

ちょっとしたメニューは壁に張ってあるのだがビールの値段が分からない

 

 

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620198550

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620618176

まぁいいか 高くても700円ぐらいやろ

 

 

さぁ待望の

「おかずのショーケース」

 

お刺身 煮魚 焼き魚 ハムエッグ オムレツ

どれも旨そうだ

 

んっ?

これって??

 

うなぎ??

 

お惣菜に紛れて明らかにうなぎの蒲焼が置いてある

昨今の値段の高騰から考えれば

失礼ながらこの店には不釣合いな高級食材だ

 

 

ホンマにうなぎやろか・・・

 

 

「すいません これ何ですか?」

「うなぎですよー」

 

やはりっ!! お姉サマ疑ってすいません

 

「うなぎ下さい!!」

 

チンされたうなぎが僕の目の前に置かれた

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620076783

デカイッ!!

例えは悪いが

 

「夜用のナプキン」

 

ぐらいの大きさはあるっ!!

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620068250

 

箸で小さくし口に運ぶ

 

うまいっ!!

 

牛丼屋で食べるうなぎなんか比べモンにならない

 

どっから仕入れているのだろう

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468620096980

 

濃厚なうなぎをほうばりビールで流し込む

あっという間にたいらげた

 

 

朝7時に山谷でうなぎとビール

至福ーーー

 

などと干渉に浸っていたのだが一抹の不安がよぎった

 

このうなぎ値段幾らやろう・・

 

ちょっとしたうなぎ屋だったら平気で3000円とかいきそうな味と大きさ

 

もしかしたら山谷トラップでメチャメチャ高い金額を請求されたりするのかも・・・

 

 

恐る恐る

 

「お会計して下さい・・」

 

大オネエは僕のテーブルを見ながら

 

「ビールとうなぎね・・

 

 

 

 

 

 

・・・1000円でいいよ」

 

 

えーーーー

安ーーーー

なんでこんな安いんやっ!!

 

 

僕はたくさん質問してしまった

 

「でいいよって何ですか?」

「えっ ビールが幾らでうなぎが幾らなんですか?」

「内訳教えて下さい!!」

「どっから仕入れてるんですか?」

「そもそも値段って決まってるんですかーーー??」

「もしかしたら うなぎに見せかけたブルーギルですかっ!!」

 

 

 

 

大オネエは苦笑いをしながら僕にこう言った

 

 

 

 

 

「まぁまぁまぁまぁ」

 

 

 

 

 

 

ここはひとつ

納得しときますか・・・

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1468623149854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きぬ川

ジャンル: 定食・食堂
最寄り駅: 南千住駅から696m
住所: 東京都台東区日本堤1-40-2
TEL: 非公開
営業時間: 6:00~12:30 17:00~19:30 朝食営業、日曜営業
定休日: 不定休

この記事のブックマークをお願いします
投稿者プロフィール
2016-11-30-11-10-16
【出身地】
兵庫県西宮市
【オススメの酒場】
大林(篠崎)
【お気に入りの酒】
ホッピー
【個人SNS】
最新の投稿
はしご酒しませんか?