menu5
【まとめ】メンバーが選ぶ「オススメ酒場料理ベスト5」2017年 秋

 

酒場ナビ編集部です。

 

酒場ナビメンバーによる、はじめての”まとめ記事”である『メンバーが選ぶ「オススメ記事ベスト5」2017年 夏』が大変ご好評を頂いております。ありがとうございました。

 

早速、ご好評にお答えしまして”まとめ記事”の第二弾を公開させて頂きたいと思います。

 

今回のまとめテーマは、メンバーが選ぶ『オススメ酒場料理ベスト5』です。

数多くの大衆酒場を訪れているメンバー三人の、思い出の酒場メニューは一体どんなメニューなのかを、記事と合わせて是非、お楽しみくださいませ。

 

それではメンバーのイカが選ぶオススメ酒場料理からご覧ください。

 

 

 

 

①西宮「ひるね」の『チャーシュー

著者:イカ / 2017年1月6日 公開
ika1

僕が高校の時から通うこの店の

 

チャーシューが絶品

 

旨さもだが大きさに驚愕だ

 

見た瞬間

 

夜用のパプキンやないかい!!

 

と 叫んでしまった

西宮「ひるね」の記事


②南千住「きぬ川」の『うなぎの蒲焼

著者:イカ / 2016年7月22日 公開
ika3

ドヤ街の朝しかやってない食堂の

 

おかずの入ったショーケースの中に

 

一際 光を放っていた

 

うなぎの蒲焼が死ぬほど旨い!!

 

大きさにも驚愕

 

見た瞬間

 

夜用のナプキンやないかい!!

 

と 叫んでしまった

 

そして残念ながらきぬ川は

今月(2017年10月)で閉店するというもある・・・

 

ご興味ある方はお早めに

南千住「きぬ川」の記事】 


③神戸新開地「赤ひげ」の『ダシ天

著者:イカ / 2017年1月2日 公開
ika2

おでんのダシを天ぷらにかけるという

 

この下品な食べ方が最高

 

なにより

 

やんちゃ

 

してる感が楽しい

新開地「赤ひげ」の記事】 


④南千住「丸千葉」の『ハンバーグ

著者:イカ / 2016年10月6日 公開
ika4

土曜日と日曜日しか食べられない

 

丸千葉のハンバーグが堪らない

 

旨すぎて

 

落ちたホッペタを探すのに

 

探偵ナイトスクープ

 

にお願いしないと

 

見つけれないぐらいだっ!!

南千住「丸千葉」の記事】 


⑤鶯谷「信濃路」の『厚揚げカレーがけ

著者:味論 / 2016年12月6日 公開
ika5

都内で4店舗ある

 

呑める食堂

 

信濃路鶯谷店の

 

厚揚げカレーがけ

 

が めちゃめちゃ旨い!!

 

全店舗にあるメニューなのだが

 

鶯谷店は おそらく 

 

カレーライス用のカレーではなく

 

厚揚げにかける用のカレーを作って

 

使用していると思われる

 

スパイスの効いたカレーと厚揚げが

 

林家ペーパー子夫妻ぐらいの

 

相性の良さだ

鶯谷「信濃路」の記事】 


 

続いて、メンバーのカリスマジュンヤが選ぶ過去のオススメ酒場料理をご覧ください。

 

 

 

 

①稲田堤「たぬきや」の『牛もつ煮込み

著者:カリスマジュンヤ / 2016年11月19日 公開
j3

天国酒場と言われてる「たぬきや」なのだが、雰囲気だけでも充分なのに
案外この牛もつ煮込みが美味しいのである。

普通に美味しい煮込みが川沿いで食べるという雰囲気でパワーアップし、更に美味しく感じるのだ。

稲田堤「たぬきや」の記事】 


②上板橋 「居酒屋 花門」の『おまかせサラダ

著者:カリスマジュンヤ / 2016年11月5日 公開
j1

デカ盛りで有名な「居酒屋 花門」であるが、なかでも爆裂に高コスパのメニューがおまかせサラダである。
400円という安さは素人でも赤字だろ!と分かるくらいの破壊力なので
店主のマンスさんに申し訳なるくらいだ。

上板橋 「居酒屋 花門」の記事】 


③初台「たぬき」の『おでん

著者:カリスマジュンヤ / 2016年9月16日 公開
j2

年齢80歳を超えてるであろうご夫婦さんが今尚現役で営業されてる居酒屋さんで、オススメはなんと言ってもおでん!
50円~という安さであるが、しっかりとしたおでんで冬場ならいくらでも食べれるくらい美味しい。
そしてなんと言ってもテイクアウトが出来るもの強みである。
コンビニでおでん買って帰るくらいなら「たぬき」のおでんをテイクアウトし、ご夫婦さんと絡んで身も心も温かくなりましょう。

初台「たぬき」の記事】 


④方南町「一心太助」の『刺身三種盛り

著者:カリスマジュンヤ / 2016年7月27日 公開
j4

記事では紹介出来てないのだが、ここの刺身三種盛りは五種盛られてるのだ!

巷では”都内最強の居酒屋”との呼び声も高い「一心太助」であるが、まだ全メニューを制覇してないので、逆にこの店のオススメメニューを教えて頂きたいくらいだ。

方南町「一心太助」の記事】 


⑤国道「国道下」の『マグロ刺し

著者:カリスマジュンヤ / 2017年8月24日 公開
j5

近くの「生麦魚河岸」から直接仕入れられてるみたいで、とても新鮮で美味しく、かつボリューミーである。
50円の焼き鳥に注目行きがちだが、こちらも必須で注文すべきだ!

国道「国道下」の記事】 


 

最後に、メンバーの味論が選ぶ過去のオススメ酒場料理をご覧ください。

 

 

 

 

①東大島「八丁目仙台屋」の『シシトウの山椒漬け(仮名)

著者:味論 / 2017年8月29日 公開
m1

たまたま訪れたときにサービスでくれた一品。”(仮名)”というのは、おそらくこの店のレギュラーメニューではないからだ。
特筆すべきはその味。めちゃめちゃ山椒が効いたシシトウなのだが、イメージ的には”山椒油”的な、何かでシシトウを漬けており、香気の強い山椒とシシトウのほろ苦さが絶妙にマッチング。アジアン味が好きな方には本当にオススメである。

東大島「八丁目仙台屋」の記事】 


②阿佐ヶ谷「鳥久」の『焼鳥

著者:味論 / 2016年7月10日 公開
m3

阿佐ヶ谷駅から少し歩いたところにある小さな店。阿佐ヶ谷の飲み屋をすべて行き尽くして調べたわけではないが、私的に阿佐ヶ谷……、いや、杉並区の中では一番うまい焼鳥だと思っている。
肉質、焼き具合、タレの味……、どれを取っても強烈に記憶に残る完成された味である。

阿佐ヶ谷「鳥久」の記事】 


③東高円寺「川中屋」の『ササミ刺し

著者:味論 / 2016年8月4日 公開

 

m2

『レバ刺し』が食べれなくなって早数年。あのツルっとした生肉の歯ざわり、そしてあの肉肉しい味。そんな生肉フリークを納得させてくれるのが、ここの『ササミ刺し』である。
普段、口に入れることがない『ササミ』の生肉は、焼いたり茹でたりしたものとは別物と言えるほどジューシー。ちょっと多めに醤油と、かなり多めのワサビを効かせて食べるのがオススメ。
『肉のまえかわ』のように、”角打ち”感覚で食べる『ササミ刺し』もいいが、たまには屋根がある落ち着いた場所で食べる『ササミ刺し』もよい。
――やばい、書いていてまた食べたくなってきた。

東高円寺「川中屋」の記事】 


④新江古田「ホワイトはうす」の『シーザーサラダ』と『レー

著者:味論 / 2016年12月30日 公開
m4

ここに関してはズルしてニ品紹介する。

 

一品目シーザーサラダ

 

“サラダってなんだよ”と思う方が殆どだと思う。かく言う私も、これを食べるまではそんなに期待をしていなかったのだが、それが登場するや、まずは”量”に驚く。大量の野菜の上にはカリカリのリアルサイコロサイズのベーコンが山盛りに乗っているのだ。サラダでお腹パンパンになれるところは中々ない。

 

二品目はカレー

 

普通に『カレーライス』もあるが、カレールーのみのミニサイズもある。そして、こんなメニューの端っこにあるような料理がとてつもなくうまい。辛さも丁度よく、かなり深い味わいなので、特にカレー好きにはオススメの一品。

新江古田「ホワイトはうす」の記事】 


⑤東向島「岩金」の『特製ニラナンコツつくね

著者:味論 / 2017年4月24日 公開
m5

これも強烈に舌が覚えている。要はニラ、ナンコツ、ひき肉を合わせて焼いた『つくね』なのだが、こんなにも素材同士の相性がいいものなのかと感心した。身が少し緑色になるくらいの絶妙なニラバランスは、作り手の技術と経験を物語る。その後数日間、私は家でマネして作ってみたが、まったく再現できなかったな。

東向島「岩金」の記事】 


 

 

 

いかがだったでしょうか?

各メンバーも、ベスト5だけでは選ぶのが大変だったようですが、第二弾、第三弾も計画していますので、楽しみにしていてください。

酒場ナビでは、読者の方々にも『メンバーが選ぶ○○のベスト5』も募集しております。お問い合わせフォームからどしどしご応募ください。

 

以上、『メンバーが選ぶ「オススメ酒場料理ベスト5」2017年 秋』でした。

 

酒場ナビ編集部

 

 

 

はてなブックマーク
この記事のブックマークをお願いします
探す
企画酒場
ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
SNS
Instagram
インスタ映えな酒場写真
カリスマジュンヤの酒場deshot!!
酒場でツーショット撮影